看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

オツボネによる影響にはどんなものがあるか | お局看護師攻略コラム【4】

ユーザーアイコン
しらいしゆみか
オツボネによる職場への影響について、考えたことがありますか? どのような場面で、トラブルが起きやすいのかまとめました。

オツボネ看護師コラムを担当している看護師のしらいしです。

前回は若手でもオツボネ予備軍となり得ることについてまとめました。いままでの記事でオツボネにはさまざまなタイプがいることがわかりましたが、実際の現場ではどのような影響があるのでしょうか。今回は、オツボネの影響について紹介していきます。

オツボネによる影響

若手の離職率にも影響

一番に思い浮かぶのは、若手看護師の離職率です。オツボネから受けたいじめやパワハラなどが原因で、休職に追い込まれ、退職していく看護師もいます。新人看護師が入っても、すぐに辞めてしまい、若いスタッフがいない職場はわかりやすい例です。若手の離職率が高くなると、中堅以上の昔からいる人のみで職場が動いていく形になります。そうすると、新しい情報を取り入れようとしたり、学ぼうとする気持ちがだんだん薄れていったり、空気の淀みが職場内で起こることもあるかもしれません。

インシデントの要因の一つにも

オツボネ看護師が怖くて、確認や相談を怠ってしまうというケースもあるのではないでしょうか。たとえば、若手看護師が患者さんのことで気になったことがあり、相談したかったけど、休憩でオツボネ看護師しかいない…。そうなった場合に、あとで別の先輩に聞こうと思っていたら、状態が悪くなってしまったなどに結び付く危険があります。ただでさえ、若手看護師はまだ一人で判断できないことも多いです。若手看護師とオツボネ看護師のペア夜勤などは、かなり気を使っているところも多いかもしれません。

教育委員、指導者担当などの偏り

オツボネ看護師が看護学生や新人看護師に対しての態度がひどい場合、相手からクレームが来ることがあります。「あの看護師を担当につけないでほしい」など、実際に言われてしまうケースです。クレームが来たときには、オツボネ看護師を担当から外すことはごく当たり前のことですが、そうなると学生や新人看護師を受け持てる人が限られてしまいます。さらに、周りで真面目に働く看護師が尻拭いをすることとなり、疲弊して辞めていってしまうことも可能性もゼロではありません。上司がどのような対応をとるかで、大きく変わってしまう例でもあります。

チーム連携がスムーズにいかない

オツボネ看護師は看護師同士の人間関係にだけ影響があるわけではありません。医師や他職種にとっても、オツボネ看護師は付き合いづらいケースも多く、お互いの連携が密に行われない原因になることも考えられます。特に看護師はどの職種とも関わる機会が多いため、オツボネ看護師が病棟に一人いるのとそうでない場合では大きく環境が変わってくることでしょう。

オツボネ看護師による影響は、さまざまな面で出てくることがお分かりいただけたでしょうか?しかし、ただ敵対しているだけでは、なにも始まりません。次回は、どうしてオツボネになってしまうのか、この理由について考えていきたいと思います。

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード