看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

申し送りが苦手な看護師必見! おさえるべき申し送りのポイント!

ユーザーアイコン
けんなな
申し送りが苦手なあなたへ…コツやポイントをご紹介します。

看護師業務のなかで申し送りは欠かせません。

各勤務帯で継続した看護を提供するためにとても重要な業務となります。

ですが、申し送りを苦手とする人は多く、特に新人看護師や経験の浅い看護師は、先輩を前にすると緊張や不安からスムーズにいかないという悩みを抱えています。

私も同様でしたが、コツをつかむことで克服できました。そのコツをご紹介します。

申し送りで伝える内容

相手が欲しい情報を伝える

申し送りは内容量ではなく質です。相手が必要な情報をしっかり伝えることが重要です。

自分が相手の立場だった場合、何を知り、確認をしたいのか、それを考えて申し送りができれば喜ばれると思います。

自分が申し送られた際に「これを教えてもらっておいて助かった」ということはありませんか?

最初から申し送りが上手にできる人はいません。

申し送られる側に立ったとき、役に立った情報を書き留めてみてください。

その経験を積むことによって相手が欲しい情報が明確にわかるようになります。

患者さんの状態、ケアの内容

申し送り直前の患者さんの状態や本日行ったケアの内容を報告します。

患者さんの状態を報告する際、カテゴリーごとに分けて伝えると相手に伝わりやすくなります。

特に重症患者さんの全身状態を伝える際、いろんな情報が混ざってしまうと相手は患者さんの状態を把握できません。

呼吸循環動態はどうか、それにより患者さんの自覚症状はどうか、インアウトはどちらに傾いているのか、その影響はどうか・・・などなど。

ですが、ダラダラと数値を読み上げたり時間をかけるのではなく、ポイントを絞って重要なところを簡潔に伝えることが重要です。

次に、その日に実施した処置や検査、排泄に関わる処置や褥瘡・創傷処置などケアの内容を踏まえて伝えます。

ここで重要なのは、その処置などをしたことで次の勤務帯に影響があるかどうか、ということです。

例をいえば、排泄処置の影響でトイレ回数が増える、処置をしたことで疼痛が悪化する、などが挙げられます。

また、もし余裕があれば、次の勤務者の最終勤務はいつかをチェックしてみてください。

なぜかというと、昨日勤務していた人、連休でしばらくお休みだった人など、看護師の勤務は不規則ですよね。

この場合、昨日勤務していた人は患者さんの状態はおおむね把握できているため、細かく伝える必要はありません。

「昨日●●さんが担当していたときと、大きく変わりはありません」という一言で始めて良いのです。

ですが、連休明けの人にはここ数日の患者さんの変化をしっかり伝える必要があります。

こういった配慮ができると、できるナースに近づきますね!

変更になった処置や点滴など

申し送り前に情報収集をしてはいますが、変更点などは口頭で再度確認すると安心です。

「知っているだろう」という思い込みはミスが発生しやすいため「変更になっているのでお願いします」

の一言があると相手も安心して勤務できます。

点滴に関しては、特に重症患者さんは生命維持のために必要な薬剤や何種類もの点滴が投与されています。

その場合、今どの点滴が投与中で、次の勤務帯ではどの薬剤が更新されるのか、また残量はどのくらいか、副作用の有無など

これらの情報を伝えると親切かと思います。

次の勤務帯で観察してほしいこと、注意してほしいこと

上記を踏まえて「このようなことが気になるので観察お願いします」「もし、こうなった場合はこの指示を使用してください」など

具体的に何をしてほしいのかを明確に伝えると相手はわかりやすいです。

また、例えば日勤から夜勤看護師への申し送りの際に「日中の様子からみて昼夜逆転が起こりやすい。必要時、身体抑制が必要であったり、転倒転落リスクが高くなる」など

今後起こりやすいリスクなどを伝えることも大切です。夜勤帯ではスタッフの人数が少ないため、定期的にラウンドをしていても手薄になりやすいです。

そのため、事前にリスクとなりやすい情報を知っておくと大変助かります。

わかりやすい上申し送りの手順

何を伝えたいのかを最初にもってくる

本日の経過を最初から最後まで時系列に伝える人がいますが、ダラダラした説明は何を言いたいのか不明瞭になりがちです。

まず、結果を先に持ってくることが大切です。状態は変わらないのか、改善傾向なのか、悪化しているのか、まずそれを伝えてください。

相手は最初にそれを知ることによって構え方が変わります。次にそうなった経緯をポイントを絞って伝えていきます。

余談ですが、これは申し送りだけではなく、ドクターコールの際は必須です。

不安なときは事前に先輩に相談する

申し送り中に先輩につっこまれてジタバタすることがありませんか?

自信がないからつい小声になってしまうなんてこともありますよね。

不安なまま申し送りをしても曖昧な内容を伝えてしまい、相手はイライラしてしまいます。

そうならないためにも事前に情報を整理し、先輩に確認してもらうことが失敗しないコツです。

申し送りに限らず、「これは自信がないな、不安だな」と思うことは必ず先輩に確認することをオススメします。

申し送り後でも確認して再度伝える

申し送り中に曖昧な点があったり確認できていないことがあれば、すぐに明確にして伝えてください。

そのままにして勤務を終えることは絶対にNGです。こういった点で責任感を問われます。

アセスメントを入れながら伝える

状態だけをダラダラと伝える人がいますが、「で?それは良いの?悪いの?」と聞いてみたくなってしまいます。

後輩看護師に対して、患者さんの状態をどの程度把握しているのか確認するためです。

新人看護師は、特にアセスメントが弱い傾向にあります。

観察したことが何を意味するのか、良いのか悪いのか、今後どういったことが考えられるのか、だからここを注意してほしい、ということを踏み込んで伝えられると「よい申し送り」に近づきます。

申し送りを上達させるコツ

先輩の申し送りを学ぶ

自分が受け手になったとき、すごくわかりやすい申し送りだと感じたことはありませんか?

それは、患者さんの状態がイメージできるような申し送りではありませんでしたか?

そう感じただけで終わるのではなく、なぜそう思ったのか考えてみてください。

きちんと情報が整理され、内容や伝え方、何がポイントなのかが明確になっている申し送りだと思います。

お手本が近くにあるのですから、ぜひ参考にしてみてください。

これから勤務する自分にとって、患者さんのことが把握しやすくなったり、安心して勤務ができる状態になれることが理想の申し送りといえます。

申し送りを克服して「できるナース」に!

以上、申し送りのコツを述べましたが、大切なことは「相手の立場になる」ということです。

相手が安心して勤務できるように配慮できると、申し送りも見違えるように上手になります。

苦手な申し送りを克服して「できるナース」に近づけると良いですね!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード