看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

新人看護師の上手なホウレンソウの仕方 | 新人ナース応援企画【3】

ユーザーアイコン
看護師のかげ
国家試験が終わり、来年度から晴れ看護師となるみなさんをカンゴトークで応援しよう! 今回は、忙しい先輩を捕まえなければならない新人看護師の上手なホウレンソウの仕方についてです٩( 'ω' )و

新人ナース応援企画の第3回目は、ホウレンソウについてです!

日々の業務の大半を、同僚や先輩ナース・患者さんとのコミュニケーションが締める看護師の業務ですが、その際に、適切なタイミングで適切な情報を相手に伝えるためには、どうしたら良いのでしょうか。

まずは、ホウレンソウ(報連相)とは、とはなんなのかということについて!!

ホウレンソウは、報告・連絡・相談の3つの要素のことをさしています。

1つ目は、

報告とは、与えられた仕事について、その結果を伝えることです。

次は、

連絡とは、伝達事項について関係がある人々に情報を共有することです。

最後に、

相談とは、自分だけでは分からない・決められないことについて、意見を求め・話し合うことです。

ふむふむϵ( 'Θ' )϶

では、それらを踏まえた上で、ホウレンソウのコツとはどのようなものでしょうか?

ホウレンソウのコツ

忙しいそうな人には、所要時間を伝え、時間のある時教えてくださいと伝える

日々の業務を計画的に行なっている看護師は、分単位で動いていることが多いため、時間を取ってもらうのが、なかなか難しい。。要件を言う前に、まずは、所要時間を伝えた上で、空いている時間を教えてもらうなどするのも1つの手かもしれません。

目的と話す内容が報告、連絡、相談のどれに当たるかを最初に伝える。

時間を確保してもらえたら、話を聞いてもらう相手に対し、聞く姿勢準備をしてもらうために、自分が今から何について話をするか明確に伝えます。

要件が複数ある場合は、メモにチェックリストを用意する

要件が複数ある場合は、事前にチェックリストを用意してから臨むと良いです。

内容は5w1hで伝える

5w1hとは、Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)を指し示す言葉です。 これを事前に、考えてからホウレンソウするとスムーズに伝えたいことを伝えられます。

SOAPを意識して、主観と客観を分ける

SOAPは、患者さんがもつ問題(看護問題)ごとに、S(Subject):主観的データ、O(Object):客観的データ、A(Assessment):アセスメント、P(Plan):計画に分けて記録する方法として、看護学生は知っていると思いますが、これは報告する際にも、その情報は、主観データなのか、客観データなのか、それとも自分の考察やアセスメントなのかを明確に話すと聞いている方の頭の整理もしやすくなります。

相談は可能であれば「はい・いいえ」で答えられる質問にして聞く

忙しい先輩や先生の中には、頭を使う切り替えのための時間をとることを嫌がる人もいます。その場合、オープンクエスチョンで聞いてしまうと、後回しにされてしまうこともあるので、可能であれば、クローズドクエスチョンで聞くようにするといいかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

他にも様々な方法があると思いますが、困った時は、ぜひチームメンバーへ頼れるようにして見てください(^ ^)

新人ナース応援企画
3
新人看護師の上手なホウレンソウの仕方

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード