看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

転職活動での面接対策、失敗しないための準備 | 看護師の転職TIPS【1】

ユーザーアイコン
カンゴトーク編集部
書類選考を通過したらいよいよ面接。 看護師の転職活動は一般企業と違って面接は基本的に1回だけ。 書類選考は履歴書のみで行うことが多いので、面接が合否を分ける一番大事なポイントです。 面接で失敗しないためにしっかり事前の準備をしましょう。

面接でチェックされるポイントは?

看護師は就職時に受ける病院の数は多くないですし、面接の経験が少ない方も多いのではないでしょうか。

しかも転職活動の面接となるとさらに緊張してしまいますよね。 何を話していいのか分からないし、うまく答えられる自信もないという人も多いのではないでしょうか。

不安を少しでも無くすためには、事前の準備と対策が重要です。 まずは採用担当者が面接で見ているポイントを把握しましょう。

ポイント1 身だしなみ

患者さんと接することが多い看護師は、髪型や服装は常識的で清潔感があることが重要です。たとえ夜勤明けで急いでいても、髪はブラッシングして長ければ束ね、身支度を整えてから出掛けましょう。

服装は、企業や大学病院、総合病院であれば基本的にはスーツで伺うべきです。 介護施設やクリニックなどでは必ずしもスーツでなくてもいいケースもありますが、襟のついた白シャツに落ち着いたトーンのカーディガンなど、できるだけフォーマルに近い服装を心掛けましょう。 看護師の面接では楽な私服で面接に行くのは基本的にはNGです

メイクに関してはノーメイクはおすすめできません。日勤終わりや夜勤明けでも、少しメイクを整えてから向かうようにしましょう。

ポイント2 ハッキリとした受け答え

病院や面接官は「コミュニケーション能力」を重視します。 患者さんへの対応、職場での人間関係の構築などに欠かせない能力だからです。

「コミュニケーション能力が低いかも」というマイナスイメージを持たれないよう、受け答えはハッキリとしましょう。 緊張していても、下を向かずに顔を上げ、笑顔でハキハキと答えることが重要です。 多少緊張してうまく話せなくても問題はありません。ハッキリと受け答えできているだけで印象はよくなります。

入室する前に一度深呼吸をして落ち着き、入室してからはハキハキと対応するのが大事です。

ポイント3 目を見て話をする

緊張すると相手の目を見られなくなってしまう人も多いのではないでしょうか。

面接の基本は「面接官と目を合わせて話すこと」です。 目を合わせずに下を向いていると、「自信がなさそうだな」「患者さんや同僚とちゃんと話せるかな」と不安に思われてしまいます。

緊張しても思い切って面接官の目を見ることを意識しましょう。

面接で聞かれる質問

面接でおもに聞かれる質問は、以下のような質問です。それぞれ、どのように答えるとよいか、どのような準備をする必要があるか、ひとつずつ見ていきましょう。

志望動機

志望動機は、履歴書に書いた内容をもとにこれまでの経験を盛り込んで話しましょう。

特に病院から介護施設、訪問看護など働く場所のタイプを変える場合は「なぜ以前と同じようなタイプの職場ではないのか?なぜ変えるのか?」ということを聞かれることが多いです。

「このような理由で興味があった」「このようなサービスを提供したくてこの職場を志望した」という前向きな志望動機を伝えれるよう準備しておきましょう。

退職理由

志望動機と同様に必ず聞かれるのが退職理由です。

キャリアアップなどの前向きな理由、結婚・引っ越しなどやむをえない理由の場合はそのまま伝えて構いません。 ただし「人間関係のトラブル」「精神的・体調的な問題」「給与・待遇への不満」といったネガティブな理由で退職する場合は、ポジティブな理由に言い換える必要があります。

例えば、給与や待遇に不満があったとしても、「より自分を高められる現場で働きたいと思った」というように、志望動機に近い伝え方に言い換えましょう。

これまでの経験

1年目や2年目での転職でなければ。即戦力としての活躍が期待されることが多く、これまでどのような経験をしたのかが聞かれます。 「どこで」「どのくらい」「どのような」経験をして「そこから何を学んだか」を伝えましょう。

転職を希望する病院で役立てそうな経験がある場合は、そのことを積極的に伝えるとより印象がよくなります。

なぜこの病院・施設なのか

転職を希望している病院の特色や理念と絡めて「この病院だからこそできること」を話すとよいです。

そのためには事前にその病院・施設についても調べておく必要があります。 病院や施設のホームページを確認したり、キャリアアドバイザーにその病院・施設の特色を確認しておきましょう。

「待遇などの条件がよい」という転職理由の場合もあるかと思いますが、それ以外にも「この場所だからこそできること」を伝えられるよう準備しましょう。

その他

中には、「1分間で自己PRをしてください」「あなたを採用した場合のメリットを教えてください」など想定外の質問をされる場合もあります。

どんな質問が来ても、事前準備でまとめた志望動機、強みや長所、これまでの経験を元に答えを返せるはずです。

落ち着いて対応しましょう。

事前準備が重要!

看護師の面接は1回きりのチャンスです。

まずは身だしなみなどの「面接以外の部分」でマイナスな印象を持たれないようにしましょう。

そのうえで、想定される質問に対しての受け答えの練習をしておきましょう。 先ほどお伝えした、志望動機、退職理由、これまでの経験、この病院である理由などの質問は、うまく受け答えできるように練っておきましょう。

それでも不安がある、面接の練習をしたいという場合は、キャリアアドバイザーのサポートもぜひ検討してみてください。 面接での回答に対するアドバイス、面接の練習はもちろん、面接当日に同行してくれることもあります。

事前の準備や周りの活用で、安心して面接に臨めるようにしましょう。

看護師の転職TIPS
1
転職活動での面接対策、失敗しないための準備

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード