看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

白衣の戦士第6話!ナースが看護師ドラマレビューしてみた | 白衣の戦士! 【6】

ユーザーアイコン
中島由有伽
春ドラマ「白衣の戦士!」第6話! こちらの連載記事では、いち看護師が、同業者のみなさんと、共感やツッコミを共有しつつ、毎週ドラマ「白衣の戦士!」の、振り返りをしていきたいと思います! ドラマ本編と合わせて、ご愛読よろしくお願いします!

白衣の戦士!#6 内容おさらい

(「白衣の戦士!」公式twitterより)

まずは、第6話のおさらいから!

はるか(中条あやみ)と斎藤(小瀧望)のキスシーンで、 予告時点から、視聴者を騒がせた第6話でしたが、

本題は、夏美(水川あさみ)の元お見合い相手、里中(田中幸太朗)の入院。

なんと、夏美の受け持ち患者として登場したのでした。

里中の登場で、焦る師長(沢村一樹)。

そんな中、看護師の手には負えない、超わがまま、亭主関白の患者、胡桃沢(金田明夫)が入院してきて…

わがまますぎる患者、胡桃沢の登場で、看護師たちも、終始、自分の遭遇したことのある“嫌な患者”を思い出したらしい今回。

早速、看護師たちの話題に上がったシーンを、見ていきましょう!

ナースは接待係じゃない!

(「白衣の戦士!」公式twitterより)

今回、看護師たちの、日頃のストレスをフラシュバックさせた元凶!

それは、何を隠そう、亭主関白のわがまま患者、胡桃沢でした。

胡桃沢のわがままは、看護師を呼びつけては「お茶くれ!」

またナースコールを押しては「枕が合わない!」「飯がまずい!シェフを出せ!」と。

看護師は接待係じゃない!

病院はホテルじゃない!

と反論したくなる案件でした。

胡桃沢の横暴に、一般視聴者からは…

「なんだこの患者!こんなのリアルにいるのか?」(信じられないパターン)
「実際にこういう患者さん、珍しくないんだろうな…」(同情パターン)
「見てるだけでイライラするんですけど!看護師さん、大変!」(ストレスフルパターン)

という声も。

そうなんです。信じられないかもしれませんが、こういう人、マジでいるんです!

なんなら、あるあるなんです!

ありえないですよね?!!!お茶くみは看護師の仕事じゃない!

こういう患者さんの要求に、どこまで対応しているかというのは、ケースバイケースだと思いますが、 胡桃沢のように、普段からこだわりの強い患者が、病院にまでそれを求めてくるパターンもあれば、病院という特別な環境だからこそ?普段はテキトーな生活しているくせに、急に高い要求をしてくる人も…

さらには、看護師を下に見ていて、

医者にはペコペコにこにこ接するのに、看護師と2人になった瞬間に、わがままを大発動させる、厄介な患者も!ざらです!

すみません、つい、日頃のストレスを書き連ねてしまいました…

ともあれ、看護師は接待係ではない! わかってもらいたいものです。

患者の脱走はあるある!

(「白衣の戦士!」公式twitterより)

胡桃沢がはるかたちの手を煩わせた事件といえば…

そう、複数回に及ぶ、病院脱走!

これも、信じられないことに、あるあるなんですよね

こんなことが日常茶飯事なんて、病院って、ある意味、異空間でしょ?笑

自分の勤務時に、脱走があったときには、もうがっくし…

脱走をたくらむ患者さんは、リアルでも、看護師の悩みの種なんです。

そんな、日々脱走に悩まされている看護師たちだからこそ、このドラマを見て、つい脱走予防対策にダメだしする人も多かったような。

現役看護師たちの、脱走予防アドバイスが、こちら!

  • 「すぐ要注意にあげる!」
  • 「離床予防マット装着必須!」
  • 「最悪強制退院とかもある!」

これです!

四季総合病院のみなさんに、ぜひ参考にしていただきたい!

小道具の隅から隅までチェックしちゃう!

(「白衣の戦士!」公式twitterより)

普段、お局のような意地悪目線でドラマを見ているからなのか…

今回私たち、気づいてしまいました!

ドラマの繋がりがおかしい点に!

「環境整備するときはエプロンしてください、手袋はしてるOK…と思いながら見てたら、場面変わっていきなり手袋なくなってた!」

みなさん、気づきましたか?

ここまで細かい点に気づいちゃうなんて、6話になって、もうだいぶ慣れてきたとは言え、やっぱり常に、突っ込みどころ探しちゃってる証拠ですね

そのほかにも今回は、

「みんな揃って同じ輸液いれてる?」
「あの病棟は何科なんだ?シーネのストックありすぎじゃない?不要在庫?」

等、小道具まわりの指摘が多数!

みなさんは、いくつ気づきましたか?笑

まとめ

胡桃沢の存在でイライラが積もりつつ、 最終的には、里中や胡桃沢の登場で、より近づいた、夏美と師長の距離

そして、放送最後に、はるかと光のキスなど、注目2カップルの激アツ展開で終わった第6話

次回は、 徐々に存在が気になり始めていた、貴子(鈴木紗理奈)がメインの回!

シングルマザーの話ということで、またまた涙を誘われそうな香り、ぷんぷんです。

それではまた来週!

共感したら、SNSで拡散&次回も愛読、よろしくお願いします!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード