看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

長文失礼します。 先日、大切な祖母を亡くしました。 その病院...

雑談・つぶやき
ユーザーアイコン
ナースA
プリセプター, 内科
長文失礼します。 先日、大切な祖母を亡くしました。 その病院とは看護体制や医療体制がずさん故に、祖母は苦しみ最期を迎えることになりました。 今、私は訴訟を起こそうか悩んでいます。 詳しくは私の質問履歴を見て頂きたいのですが、簡潔に記載させて頂きます。 ・2019年5月、サ高住で誤嚥性肺炎認め入院。抗生剤投与開始。 ・誤嚥性肺炎は完治するも精査の結果間質性肺炎認め、ステロイド治療開始。 ですが悪化し、抗癌剤治療も併用し、徐々にステロイドのみへ移行。 ・7月、ステロイドの長期服用による骨粗鬆症となり腰椎圧迫骨折。 リハビリ開始。 セラピストとは会ったこともなく、またセラピストは独断でADL自立であった祖母のゴールを車椅子乗車にし、リハビリ開始していた。 ・入院していた病棟は認知症閉鎖病棟、その為コストの兼ね合いで一方的にリハビリゴールと評価されリハビリを10月で終了。 この時車椅子への異常は、ほぼ全介助。 ・離床促しのみであったため、徐々にADL低下。 このままでは寝たきりになるため、主治医に退院を希望。施設での訪問リハビリをし通院したいと依頼。 ・11月8日、精査の結果、間質性肺炎は悪化していないため翌日にでも退院の許可が下りる。 サ高住のため、すぐに要介護保険の区分変更を申請。 ・11月中旬、認定調査開始。 認定調査員が入院病棟に褥瘡の有無を確認すると、初めて褥瘡があった事を知らされる。(認定調査員経由で) その時点で既に壊死組織もある程度。 翌日には両踵にも壊死組織のある褥瘡認め治療開始。 皮膚科医介入しており、退院の許可できないと返答あり。 ・その頃より全量摂取+盗食していた食事摂取量が0へ。 後日主治医や病院事務長から話がしたいと呼び出される。 話を聞くと、1週間、誤って内服薬を重複投与していたと報告される。 その中にはアスパラカリウム・塩化ナトリウム・タクロリムスなど、あり。 ・食事摂取0になり、低栄養続くためCV挿入。 それだけでは褥瘡改善難しい為、マーゲン挿入し栄養開始。 ・徐々に全身状態悪化、全身浮腫目立つ。 この時点で予後は不良と察し、家族と相談し、点滴や栄養剤の投与をやめて欲しいと主治医に依頼。 ・褥瘡の痛みか、頻回に叫び声を上げるようになる。 家族(祖母からしたら長男であり、私の父)からの要望で皮下よりドルミカム投与を依頼。 ・退院調整が始まった約1ヶ月後、死亡。 簡潔に書くと、このような経過をたどっていました。 病棟では体位変換などしている痕跡もありませんでした。 体交枕は足元に常に置いており、尖足予防をしているのだと思っていました。 同じ看護師として、とても悔しく辛く、どうしたら祖母の命を無駄にしない、病院にことの重大性を理解してもらえるか考えています。 弁護士にも相談しており訴訟なども視野に入れています。 このような病院に対して、皆様なら、どのような対応をされますか? たくさんの意見をお聞きしたいので、よろしくお願いします。
  • 介護保険
  • 誤嚥
  • リハ
  • 褥瘡
  • CV
  • 家族
  • 皮膚科
  • 保険
  • 予防
  • 退院
  • 男性
  • 介護
  • 施設
  • 点滴
  • 病棟
  • 病院
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    ママナース, 救急科
    とても辛いですね。 読んでいてすごく悲しい気持ちになりました。 内服の重複投与...これは重大なアクシデントですし、医療事故だと思います。 明らかにアスKやNaclなどによる電解質異常で食欲が低下したんだと思います。 褥瘡も壊死組織できるまで気づかないとかどんな看護してるんでしょう... やはりここは弁護士を通して病院に対して何かしらの措置をとった方がいいと思います。 そんな病院このままにしておくと、同じような方が出るかもしれません。 友人の話ですが身内が医療過誤を受け、弁護士に相談し、病院から記録やデータを見せてもらい証拠を集めたそうです。 そして弁護士を通して病院を訴えたそうです。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    プリセプター, 内科
    質問者
    返信ありがとうございます。 同じ看護師として、このような病院で、このような看護に遭い、本当に驚きと怒りと悲しみで一杯です。 薬の重複投与は本当に大きなインシデントだと思います。 実は医療裁判に強い弁護士に有料相談したのですが、薬剤投与後の採血でデータの変動が無い場合は、なかなか訴訟にもっていくのが厳しいとのことでした。 1件しか当たっていないので、他の弁護士さんなら違う意見になるのかもしれないのですが…。 褥瘡に関しても、悪化はしているが病院側が退位返還を2時間毎に行なっていたなどという証拠(例えばパソコンでの実施入力など)を提示してきたら勝訴も難しくなるそうです…。 でも、本当に壊死組織まで悪化している褥瘡をどうして気づかなかったのか不思議で仕方ないです。 最初褥瘡ができていると認定調査員から聞かされた時、すぐに主任看護師に事実確認をしに行ったのですが、「あぁ、褥瘡が悪化してるので今日にでもエアーマット入れるので〜」って普通の顔で言われて、呆れてしまいました。 多分、この病院では、そのように患者にずさんな看護して、家族も素人だからと丸め込んできたんだなと思っています…。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    プリセプター, 内科
    最悪極まりないですね\(◡̈)/患者を患者と思ってないとしかとらえられませんでした。すごく腹立たしいですよね?訴えて当然です。そんな所だから記録も適当なんじゃないですか?うまく言えませんが、その死を無駄にしないようにしてほしいですね。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード