看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

学校の課題で『死亡された本人、遺族の方にどんな声かけをするとよ...

看護学生・国試
ユーザーアイコン
ナースA
学生
学校の課題で『死亡された本人、遺族の方にどんな声かけをするとよいか』という課題をだされました。 でも実際そういう場面に直面したことがなく何度想像をしてもどのような声かけをしていいか全くわかりません……。 どんな声かけが適しているか教えて頂きたいです(;_;)
回答
ユーザーアイコン
ナースB
新人ナース, 循環器科
ほんとに素直に、ご家族様の立場に寄り添えるにはどう言えばいいか、逆に自分が遺族の立場であればどう言われたら安心するかな、なんて考えたら書けるかもしれませんね。学生ですが、終末期実習でグループの子の受け持ち患者様が亡くなられた時、グループでカンファレンスを開いて考えた結果がこれです^^よければ参考に。
ユーザーアイコン
ナースC
死亡した時の状況にもよりますので難しいですね。 ですが元気な人が急に心臓止まりました!(ヘルツだとたまにあるけれど。)とかよりは、数日なり数時間なり苦しい思いしている方の方が多いので「頑張りましたね。ゆっくり休んでください。お疲れ様でした。」とかけることが多いですかね。 ご家族にも、受け入れができてる方と、そう出ない方がいますが家族の話聞きながら言葉選んでます。 思い出話に花咲かせる方もいれば、自分の体調回復を待っていてくれたんだと解釈する人もいますし。そこに対して否定も肯定もしません。 あくまでも、私の声掛けの仕方です🙂
ユーザーアイコン
ナースD
リーダー, 消化器外科
わたしはお看取りが近い患者さんですと、生前から家族のあり方をまず把握しておきます。 家族が疎遠な方も、看病に熱心な方も、家族のあり方はその家族の数だけあります。なのでどの声がけが正しい、とは言い切れませんが、そのあり方に寄り添う声かけを心がけています。 疎遠な方であれば、最期までの過ごし方を少しだけ伝えたり、家族が知らない本人の思いがあればそれを伝えたりします。 また熱心な方であれば、労いの言葉や患者様との思い出を話したり。 もちろんそんな余裕もなく打ちひしがれている家族の方もいらっしゃるのでそのようなときは声かけではなく、亡くなられた患者さんへの声かけやタッチングが、家族へのケアになることもあります。 よければ参考になさってください。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード