看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

オペ室勤務の方に質問です。 1 患者さんとコミュニケーション取...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
学生, その他の科
オペ室勤務の方に質問です。 1 患者さんとコミュニケーション取れる時間って結構ありますか? 2 あるとすれば、どのくらい取れますか? オペ室勤務だとあまり患者さんと喋ったりしないようなイメージがあるので質問してみました。
  • コミュニケーション
  • オペ室
  • 手術室
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    リーダー, オペ室
    術前術後に患者訪問はしますが、病棟のナースに比べると全然関わる時間は少ないですね。 でもオペ室で身につけた技術や判断力は、この先オペ室以外で勤務する際に、必ず強みになるので、私は若いうちにオペ室や救急で働く事はおすすめします。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    訪問看護, 精神科
    オペ室に勤務していたでもよいですか? オペ室でも患者とコミュニケーションは取れますよ。全身麻酔の方は眠ってしまうとできませんが、腰椎麻酔や伝達麻酔、局所麻酔の方は覚醒してますからね。オペに入っている間、寄り添う事も大切な間接介助の仕事ですよ。でも、言動にはやはり注意が必要ですね。オペは患者皆さん緊張して入って来られるのでねー。 ちなみに、私はカイザー(帝王切開)で子供産んだ時、オペ室出身なので、器械1つの名前であー。今、腹膜切開したなとか、子宮切開したなとか子供が出てくるとかわかりましたよ。子供が出た後、先生と話していたら笑ってしまって。するとお腹が揺れて縫えないって言われました。今ではこれもいい経験です。 全身麻酔でするオペは患者さん麻酔で眠った後は医師とコミュニケーションです。先生によって器械出しも違うんですよ。だから、憶えるのに大変でしたー。でも、今ではオペ室に勤務していた事がとても役に立っていますよ。解剖がわかるのでね。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生, その他の科
    質問者
    ご回答ありがとうございます。 もしよろしければ、どんなお話をされてたか聞いてもいいですか?
    ユーザーアイコン
    ナースC
    訪問看護, 精神科
    入ってくる所から不安なのでね。歩いてオペ室入って来られたら、その都度、細やかに説明してあげないとね。ベッドの上に上がって、頭はこちらで寝ましょうとか、表情を見て話する事大切です。局所麻酔とかなら効いてない所があってはいけないので痛みないですか?とか。epiチュービング(硬膜外麻酔)する時、背中に局所麻酔するでしょ。あれはめちゃくちゃ痛いんですよ。見えないからね。手を握っている事もありました。私はこぶし作ってました。カイザーのときはお名前もう決めてますか?とかね。患者さんが覚醒しているとバタバタすると不安になるので、先生の会話は小さな声で、大きな音を立てずにしてました。わざと患者さんと違う話したりね。趣味なんかも聞いたりして、自分も興味があると私も興味があるんですと。話題作りもしてましたかね。あまり喋らない方がいい人もいれば、喋って欲しい人もいるし。そこは表情とか態度でちゃんと観察です。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    一般病院, オペ室
    アウェイクのオペなら患者さんとお話してるので、長ければ2~3時間です。 外来手術以外の患者さんは、前日に術前訪問に伺っていますので、少なくとも15分程度患者さんとお話をしています。 患者さんと密なコミュニケーションを取りたいとお思いならオペ室勤務は何か違う、と思ってしまうこともあるかもしれないですね。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生, その他の科
    質問者
    回答ありがとうございます。術前訪問の際は患者さんの不安な気持ちを聞いたりするのでしょうか?
    ユーザーアイコン
    ナースD
    一般病院, オペ室
    怖くて仕方ないと言って涙を流される患者さんもいらっしゃいますし、反対に「もうすべてお任せします」と覚悟を決めてしっかりされてる方まで色々です。 落ち着かれるまで側にいて話を聞いている時もありました、数える程ですが。 大半の患者さんはしっかりされていますが、だからと言って不安がないわけではないと思うので短時間でも寄り添う気持ちを大切に、患者さんの手術室に対する未知の恐怖を「昨日話した看護師さんがいるな」と少しでも安心感を与えられる要素になれればと思い訪室させていただいています。
    ユーザーアイコン
    ナースE
    プリセプター, オペ室
    コミュニケーションは取れますけど、やはり病棟に比べると格段に少ないと思います。その少ない時間でいかに効率よく情報収集を行い、患者さんとの信頼関係を築くかがオペ看だと思います。 術後訪問やお手紙で「あなたがいてくれたからリラックスして手術できました。」など感想をいただくととても嬉しいですし、オペ看楽しいなーって思います。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード