看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

急性疼痛の 疼痛コントロールとして 温、冷罨法とレクリエーシ...

看護学生・国試
ユーザーアイコン
ナースA
学生
急性疼痛の 疼痛コントロールとして 温、冷罨法とレクリエーション以外に 学生ができることはなにかありますか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
保育園・学校, 小児科
どこの疼痛かは分かりませんけど、むしろその人にどうしてあげたいのか、を考えてから動いた方が良いように思います。 患者が必ずしも好むわけではないので。 で、そこはさておき、例えばで一個書いておくと、タクティールケアのような、タッチセラピー(タッチケア)を取り入れるのも手だと思います。
ユーザーアイコン
ナースC
プリセプター, 内科
疼痛によって 本人のやりたいこととか 生活に影響がでている事がわかれば その人の個別性が把握できると思います。 そして、痛みに合わせて疼痛の影響力が少なくなるように関わってみるのもいいのかなって思います。 痛みがなくなれば、負担も減り 結果、多少の動作もしやすくなりますよね。 だから疼痛コントロールが必要だと思うんです。 関係のない事ですみません。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード