看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

看護師1年目ってフレッシュで優しくて患者さんのために頑張ってる...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 外科
看護師1年目ってフレッシュで優しくて患者さんのために頑張ってるみたいなイメージが強いと思うけど、実際自分って程遠くてすごく嫌な看護師だなぁって思う。学生の頃はモチベーションもあって頑張ってたけど、今は全然。患者さんのためにとか思えない、先輩に怒られないように、同期に置いていかれないように、って思いが先にきてしまう😭情けないなぁと。先輩が自分の看護を楽しいって思える瞬間を見つけなさいって言うけど、本当に考えつかない😰😰 どうしたら看護師になってよかった!って思えるようになるのでしょう😭
  • モチベーション
  • 同期
  • 1年目
  • 先輩
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    新人ナース, 消化器外科
    毎日仕事お疲れ様です。同じく1年目看護師です。私も実はそうなんです... 最近先輩達への気疲れもあるし、それ以前に全然モチベーション上がらんし毎日仕事行くか行かないかで迷って、病棟に上がるのが朝礼ギリギリになったりします… また、嫌過ぎて患者さんよりも業務を無事に終わらせることを最優先してしまいます💧 看護って正解ないし、何が正しいのかわからないですよね…私も全然楽しくないし、看護師になって良かったと思う瞬間なんてないです。ほんとに、毎日嫌になりますよね…いつか、そう思える瞬間が来る事を願ってます😭アドバイスなってなくてすいません😭💦
    ユーザーアイコン
    ナースC
    大学病院, 泌尿器科
    毎日、お疲れ様です。 3年、頑張ってみてください。 見える景色が、変わりますよ〜
    ユーザーアイコン
    ナースD
    リーダー, 泌尿器科
    お疲れ様です。 毎日業務に追われながら、それでも一年やってきてくださったんですから、同業者としてはそんなMOONさんをはじめとした新人ナースの皆さんを誇りに思います。 本当にいちねん、良く耐えましたね。それだけでもう素晴らしいと思います。 何にせよ、一年目が一番辛いと思いますよ。 慣れない業務、わけのわからない上下関係、知らない他職種との関わり、知らない薬、知らない病気、知らない治療、謎の病棟ルール… それに加えて、新人さんは手の抜きどころがわからないので、患者さんの要望に真剣に答えていくし、心ない言葉に傷付けられて、それでもオムツ変えて体交して。 そんな一年だったのではないかと思います。 ご自分では、フレッシュで優しくて患者さんのために頑張ってると思えないかもしれませんが、患者さんからみたら、案外そう見えてると思いますよ。色んな意味で、新人さんってバレやすいので、患者さん達の方が勝手に評価してるようですよ。 自分が看護していて楽しいと思える瞬間ですか?どうですかねー。あれば覚えていてもいいのに、全く思い出せません。 そもそも、私は一年目の時のことは、全く思い出せません。楽しかったか辛かったのかすら思い出せません。だから多分、そうとう辛かったのかもしれません。笑 でもそんなもんですよ。 この業界に限らず、社会人一年目なんて、みんな一緒だと思いますよ。 そして、どの業界でもそうだと思いますが、この仕事やってて良かったな!と思える時は、それがほんの些細なことだろうと、一瞬のことだろうと、必ずきますよ。 海岸でキレイな貝殻拾ってるみたいなものです。急に見つかります。そして、それをいくつか拾うと、実は自分が辺りに散らばってる貝殻を取捨選択してるだけだときづきます。 長くなりましてすみません。
    ユーザーアイコン
    ナースE
    お疲れ様です。 私がプリの時にティーが3ヶ月目に辞めると言い出しました。 なのでこの時期まで続けてこれたことは誇りと思って良いと思います。 ティーが、辞めると言い始めた時に、沢山話し合いをしましたが、その中で伝えたことがあります。 「ターを経験して、私は初めて先輩の言っていたことがわかった。本来の意味での「看護」の仕事が分かってきた。教えることで自分自身が成長できると感じてる。なにより、今はとても楽しい。貴方が辞めるのは構わない。それはあなたの人生だから。けれど次に行く明確な仕事がないのなら、今は嫌かもしれなけれど続けてみて欲しい。」 残念ながら私はターが終わった時に、本来自分が行きたかった部署へ転属希望を出し移動したので2年生になったティーの事を見ることは出来ませんでした。 ですが彼女はちゃんと2年目になったし、ターを経験してから退職しました。 今は規模の小さい病院に行ったそうですが、辞める時に「あの時言われたことがわかった。看護が楽しいと思えるようになった。今の急性期ではなく、自分がやりたかった終末期ケアを今後はやろうと思う。」と新人の時に忘れかけていた自分の目標を改めてチャレンジし始めました。 新人看護師、2年目看護師、3.4年目のプリセプター世代ってそれぞれ必要ですよ。 その「必要」と思っているの、心当たりありませんか? 学生指導を担う経験年数の看護師は「怖い」印象がつよいですが····· 学生の時、1年目の看護師の姿に憧れませんでしたか? 「私も来年には(大学なら再来年には)こうなりたい!」とか「あの先輩がいるから頑張れる」とか。何気なく掛けてくれる言葉にほっとしたり、逆に相談しやすかった。ってありませんでした? 私は学生の時に新人として働き始めた先輩達に救われました。 新人として初めて病棟に行った時、たった1年しか違わないのに2年目が眩しく見えませんでしたか? そしてこれから、1番自分たちに近かった1つ上の先輩が後輩を指導する姿が格好よく見えるかもしれません。 「患者さんの為に」と考えるから苦しいんです。 「自分のために」看護をするんです。 「情けは人の為ならず」の先に続くのは「自分のために」なんです。 例えば頑張ってリハビリ介入することで、その経過は大変でも、その先のADL上昇は自分の仕事の負担が減ります。 退院指導が大変でも、きちんと行動変容しておけばその患者さんの再入院リスクが減り、自分の看護が評価されます。 なにより、自分がいましている看護は、将来自分に返ってきます。 だから私は、どんなに辛くても「自分のために」と仕事に向かいます。 その「自分のために」が結果的に「患者さんの為に」なっていると思います。 毎日怒られていた新人時代も自分のため。 今ではその時間がとても密度が濃くて、懐かしくて、いい思い出ですよ。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード