看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

看護師2年目です。 褥瘡処置に入らせてもらえる機会が 多いので...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
訪問看護
看護師2年目です。 褥瘡処置に入らせてもらえる機会が 多いので勉強なんですが、まだまだ 分からないことだらけで、、 創部からの出血について調べると 毛細血管が損傷している可能性があると 書かれてあってこれはどういう意味なんでしょうか? 出血量が多いほど悪化してるってことですか??
回答
ユーザーアイコン
ナースB
一般病院, 内科
お疲れさまです。 最後の一行は一概には言えないと思いますが、その他は書かれている通りだと思います。 病棟での観察は褥瘡のスケールを使っていました。参考になれば幸いです。
ユーザーアイコン
ナースC
訪問看護, 精神科
こんばんは。悪化、うーん。 褥瘡はね。毛細血管の損傷もあるかもしれませんがアイテルがなければ、出血している事はありなんですよ。 褥瘡って、どうしたらなるんでしょう。 創部の圧迫での血流不全と摩擦と擦れでなるんです。低栄養でもなるので、TPとalbは観察しながら、栄養改善も視野に入れていきます。また、airマットでの除圧です。 傷口はどうしたら、塞ぐことができますか? 出血すると、血小板のフィブリンが働いて傷口治していきますよね。血小板が働く事も必要なので、わざと出血させるというか、白色より赤みがある方が治りが改善してきていると考えていきます。褥瘡は綺麗に洗って、軟膏を使います。 浸出液が多ければ、ユーパスタを使いますが、浸出液がそれほどなければ、ゲーべンなど使用します。ガーゼは擦れるのでうちではあまり使わず、デルマエイド、フィルムで保護しますかね。血流改善の為にフィブラストスプレーやプロスタンディンなども使う事があります。フィブラストスプレーは高価で2週間での使用となっていますが、3週間目は効果が75%くらいになるそうで使えない事はないと皮膚科医師に教えてもらいましたよ。 軟膏もアクトシン、ゲーべン、ユーパスタなど様々あり、赤色、白色、黄色、黒色で軟膏は使い分けるので、うちでは一冊褥瘡対応マニュアルの本を購入して事務所に置いているかな。サイズ、深さ、浸出液、アイテルなど褥瘡スケールで観察して訪問回数や毎日訪問など医師と連携して決めるんですよ。 うちでも臀部に深さ4センチ、サイズも5センチ以上、ポケットもあった患者さんの訪問をしました。この患者さんは医師に呼び出されて、この褥瘡で家に帰れる?って聞かれて、こうすれば帰れますよと先生に打診して退院後関わりましたが、毎日、朝、夕の交換で、デイケアが主治医のところでしたので、協力して頂き、朝はデイケアで、夕は訪問看護で処置して5ヶ月かけて完治したところですよ。土日祝は訪問看護で朝、夕訪問してました。栄養もアルギニンが入っている栄養補給ゼリーも食べてもらいながら、少しでも皮膚に改善することは利用してもらったんですよ。もう、治った時には私達もしてやったりと、嬉しかったですが、家族も喜ばれました。本人はね。寝たきりで、言葉があまりないんです。でも、表情が穏やかなのでね。 いらない事かもしれませんが、参考になれば。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード