看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

皆さんに質問です。特に助産師さんや産婦人科で働いている方からの...

看護学生・国試
ユーザーアイコン
ナースA
学生, 外科
皆さんに質問です。特に助産師さんや産婦人科で働いている方からの意見をお聞きしたいです。 現在、二年課程の看護学校に通っており母性看護学実習を行なっています。そこで疑問に感じたのですがなぜ母性は学問として成立しているのに父性は学問としては学ばないのでしょうか? 生殖器という学問で比べれば女性よりも仕組みが単純な男性生殖器はさらっと学ぶだけということは分かるのですが父性については母性の学問の中で舐める程度に勉強するだけですよね? ですが、父性を学問として学び助産師さんが父性を目覚めさせれるように父親と関わり援助をすることでDVや児童虐待というものが減りそうに思います。学問として成立すれば男性も子育てに入りやすい環境が整備されていくようにも思い親子にとってはとても良いことだと思います。 また、母性の実習を通して自分の中の父性が養われてるということを実感しているのですが、身体の繋がりのある母親は自分の子を可愛いと思うのは当たり前だと思いますが、身体の繋がりがあるわけではなく出産するわけでも無い男性から子に対する愛着が芽生える仕組みはかなり不思議だと思います。 男子学生だけでなく女子学生も一度は気になったことがあるのではないでしょうか? 産婦人科医は男性がいて分娩介助や処置を行うのに対し助産師に男性がいないことも疑問に思います。同じ男性でも医師はOKなのになぜ、助産師はダメなのか。考え出したらキリがないですし、答えの出ない質問かもしれませんがご回答よろしくお願い致します。
  • 産婦人科
  • 看護学校
  • 男性
  • 実習
  • 勉強
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    クリニック, 整形外科
    助産師をしています。 恥ずかしながら、そこま深く考えたことがなかったので、すごく考えさせられました。 現段階では、やはり母性「看護」学では、妊娠出産育児を経験する女性の看護ということで、父親に関わるにしても母子を中心に‥という関わりになってしまっています。 父親へのアプローチも、女性が満足したお産をし育児への自信に繋げられるように両親学級を行ったり、産後うつなどの予防のために父親に育児を協力してもらえるように育児指導を行ったりと、母子をかこむ環境の1つ(その中でも大きい存在ですが)としての捉え方になってしまっていると思います。 虐待予防などの観点で言えば、もちろんもっと父親に関われると良いのですが、"看護"として看護師や助産師が関わるのは、また違うような‥とどうしても産科の臨床の場に慣れてしまった私は思ってしまいます。 学生のときは、思ったことがあったのかなぁ?確かに、父親は指導を受ける場が少なかったりしますし、そうなると余計に父性を育む場も少ないですし、置き去りにされてしまう感じがあると切ないですよね💦 でもやはり今の周産期ケアの場では、育児指導をしていくときに父親がいればもちろん一緒に指導をしたり、ハイリスクな母親であれば家族も一緒に指導しますが、そうでなければやはりまずは母親が育児を一通りできるようになるということが優先されます。 これからきっともっともっと注目されていくでしょうが、父性看護としてなのか心理学など他の分野からなのか、どうなるのでしょうね? 看護としてはまだまだ不十分ですが、地域では父親向けのパンフレットが母子手帳交付のときに配られたり、母子健康手帳➡︎親子健康手帳と名前が変わってきていたりと少しずつ父親が育児参加ができるような配慮はされてきていますし、地域の場からもどんどん変わっていき、病院にもそういった風が吹かと良いなと思います😊 助産師が男性でも良いのでは?というのは私は違うかなと思います。産科医師はやはり治療としての関わりであって、ずっと産婦さんと一緒にいるわけではないので、助産師とは全然違います。内診をして、分娩経過を判断して分娩介助をするだけなら男性でも良いのかもしれないですが、精神面のサポートなどそれだけではありません。分娩期をずっと一緒に過ごします。 それに、産科医師が男性の場合、診察中に先生と女性が2人きりにならないように配慮されており、色々制限もあります。助産師が男性OKになることは、これからもないのではないかなと思います。 臨床に慣れてしまっている私の意見なので、偏っていることは自覚しています💦それに、求めておられる答えと違ったらすみません!
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生, 外科
    質問者
    詳しいご回答ありがとうございます。 母性での実習を通していて、どうしても父親が入りづらい病院の構造(女性専用エリアがあったり)からも女性がメインのイベントとして位置づけられているのかな。と思います。 父親だって新生児期のその時にしか見られない身体・生理的な変化は見たいんじゃないかな?と思いますし、その変化を母親と一緒に見てビックリしたり喜んだりすることでも父性は芽生えるのではないのかなーと疑問に思いました。 家族が増えると言う点では男性にも大きなイベントの一つだと感じます。 助産師として男性が働くには確かに厳しいかもしれないですね(^^; 乳房の観察やマッサージなど女性でないと抵抗のある援助があるのは事実ですが、男性であっても救急では妊婦さんや産婦さんと関わることがあるかと思うので助産師を男性にも取れるようにする(働ける働けないは別として)のはいい試みではなのかなと思います。それに、災害時は男性の体力が緊急を要する妊産婦さんの役に経つ場面もあるのではないかと思います。 助産師不足から男性助産師も一度検討されたことがあるようですが無くなったみたいですけどね(笑) 学生が生意気言ってすいません(笑)
    ユーザーアイコン
    ナースB
    クリニック, 整形外科
    まあそうですね。 ただスタッフは父親の育児参加はウェルカムですし、夜中の付き添いとかもほとんどの病院、病棟で可能ですよね。でも、仕事で来られない父親も多いですから、入院中の育児参加はおられるご主人さんに‥という形にはなりますよね。実際に、やはり退院後育児をするのは母親です。まずは母親が育児を習得しないといけません。 ただ、結構一緒に育児参加してもらえるように、可能な範囲では配慮しています。実習先の病院が特にそうだったのかもしれませんし、男子学生さんで色々制限があり余計に嫌な思いをされたことも理解できますが、もっと良い面も見てもらえるとありがたいなぁと思います。 災害時の件などは確かに理解できますが、災害に限らず緊急のときに看護師が経験のない分野のケアをしたり、医師が専門でない科を緊急時に診るなどもあるので、敢えて助産師の資格を持ったり母性看護の知識にこだわる必要はないのではと思ってしまいます‥選択肢の一つとしてあっても良いのかもしれませんが、やはり女医さんを指名する女性も多い時代ですから、入ったとしても患者さんからの受け入れが良くないと嫌な思いをされるのではないでしょうか? 産科ではなく他科の女性患者さんも、男性看護師の担当を拒否することもありますよね。それを思うと、やはり産婦人科で‥と思うと現実問題難しそうですよね。 私も文句ばかりですみません。産科スタッフの偏った一意見として‥
    ユーザーアイコン
    ナースC
    介護施設
    産婦人科勤務の経験はありませんがコメントさせてください。 母として、女としてから言うと、産婦人科受診をした時には、できれば女性医師に診てもらいたい。ましては、男性が助産師になれる時代になったら…その病院は受診しないと思います。ぱっそるさんが疑問に思った「なぜ助産師に男性はいないのか」というのは、男性側の考えだなと感じます。病院であっても、乳房や陰部を見せるというのはとても恥ずかしいし、相手が女性であっても恥ずかしいんです。 あと、なぜ父性という学問がないのか…あくまでも私の意見ですが。妊娠、出産をできるのは女性だけであり、その時期の特徴(体や心の変化)を学問としての「母性」と表現したのかなと。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生, 外科
    質問者
    ご意見ありがとうございます。 もちろん男性が助産師になれるようになったとしても勤務場所や分娩に入るための色々な制限や特別な講習や勉強会は必要かと思います。 20~30年前看護の現場に今ほど男性が入ってくることが予想出来ていましたか?今はどこの病院でも当たり前のように男性看護師を見かけますよね? 確かに男性としての質問なので男性としての意見にはなりますが、はるさんが妊婦さんだったとして胎児に緊急を要する自体が発生したとしたらどうでしょう? 男性がいい!女性じゃないと嫌だ!と言えますか?恐らくそこに助産師がいればそれが男性助産師であってもなりふり構わず胎児を助けて欲しいと言うのではないでしょうか? 性器を見せるのは男性であっても恥ずかしいものです。ですが、看護師に女性が多いから見せないと治療が受けられないという仕方ない部分もあります。 こういうことを考える時は平常時のことを考えても話は進まないのかなと思います。 災害の多い日本であるからこそ非常時のことを考えないといけないのかな。と思いますね。 なんか政治家みたいなこと言っちゃってますね(^^; 僕は今看護学生という立場でもありますが、別の医療職の資格も有しています。そちらの資格ではかなり限定的な条件が付いていますが分娩介助を行うことも認められています。 仮に助産過程が男子解禁となってもおそらく僕は取らないとは思います。ですが助産師が足りないと喚いている割には男性禁であったりと増やそうとしないようにも見えます。 また父性を学問として学んだ方がいいと思う理由は質問内で述べていますが、男性の心理・社会的変化について女性も学問として学ぶというのは意義のあることなのではないかと思います。 なんか色々とすいません。あくまで個人の意見なのでお気に障る内容でしたら申し訳ございません。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生, 外科
    質問者
    貴重なご意見ありがとうございます(^^) 実習先で嫌な思いをしたという訳ではないのですが、実習先で新生児を見ていると自分の子でも無いのに愛着が湧いたり小さな成長の兆しに引率教員と喜んだりと貴重な体験をさせていただいてます。 父親も仕事をしているのでなかなか関わる機会は少ないですよね(^^; 母性看護という特殊性から男子学生の殆どは苦手意識が強い領域だとは思いますが、今回の実習で少し苦手が克服できたかなと思います。(それでもまだまだ難しいと感じますが...) nicoさんの職場で機会があれば今回のことについて会話の中でも結構ですので、周りの助産師さんや産科領域のスタッフさんと話していただけると幸いかなと思います。 一学生のくだらない質問に丁寧に答えてくださりありがとうございました。 とても参考になるご意見でしたのでBAとさせていただきますね(^^)

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード