看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

難聴のある我の強い患者さんとのコミュニケーションがわかりません...

看護学生・国試
ユーザーアイコン
ナースA
学生
難聴のある我の強い患者さんとのコミュニケーションがわかりません。 私はコミュニケーションを図ることが苦手で聞いてばかりです。その患者さんに対して食事指導のようなものをしようと考えてます。どのように伝えれば患者さんに受け止めてもらえるでしょうか?
  • コミュニケーション
  • 指導
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    外来, 内科
    我が強いとは例えば、どんな感じですか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生
    質問者
    行動変容がなくて入退院を繰り返したり、自分のこだわりが強い感じです
    ユーザーアイコン
    ナースB
    外来, 内科
    なるほど。 病識が乏しい感じですかね? 私も学生の頃に理解力の低い、何を考えてるかわからない受持ち患者さんの食事指導しましたが、なぜこの人はこうなんだろうと寄り添いながら話を聞いているうちに、字が読めなくて食事指導のパンフレットも読めてないということがわかりました(子どもの頃、学校に行ける環境ではなかった) 自分が字が読めないということを言うのが恥ずかしくて、読んだふりして強がっていたんです。 一生懸命関わっているうちに、それを学生である私に打ち明けてくれて、そこからは絵を使ってわかりやすいように工夫したり、その人の理解に合わせて指導していきました。 病院のスタッフさんも皆さん、字が読めてないことを知らなかったようなので、実習以前に感謝されました。 その難聴のある患者さんがどんな感じなのかわかりませんが、その人なりの理由とか、抵抗?があるのかもしれませんが、こちらから伝えようと思う前に、なぜそうなってしまったのか、一緒に考えるようにしてはどうでしょう? 難聴がどの程度なのかわかりませんが、聴こえてない、伝わってない可能性はないですか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    学生
    質問者
    コミュニケーションを図る際は補聴器を使用していますが、それでも聞こえていない時があるのでもっと患者さんに寄り添って見たいと思います
    ユーザーアイコン
    ナースC
    補聴器でも聞こえないならば筆談はどうですか? あとは行動変容させる時私が使うテクニックは楽しい目標を見つけることです。 例えば1ヶ月後に歌舞伎を見に行く予定がある。 とか、孫の七五三が見たいとか どんなに大きくても小さくても、その人が心惹かれるイベントがあればその時まで元気でいる必要があるわけで。 その目標にむけて、今すべきことはなにか?を一緒に考え、患者さんの口から言わせます。 そうする事で、自身が意識を向け取り組む意味を見つけてくれます。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード