看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

ネイザルハイフローでフローの流量が多い方がFiO2の数値が高い...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
病棟, 内科
ネイザルハイフローでフローの流量が多い方がFiO2の数値が高いと考えていたが逆に流量を下げるとなぜFiO2の値が高くなるのか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
病棟, 内科
NHFは高流量システムに該当しますので一般的にFIO2は変化しません。ただ、流量を15-20L程度にしてしまうと高流量の基準ぎりぎりになり、口唇をあけておくとさらに圧がぬけ、PEEPがかからなくなるので大気の酸素濃度と混合し、FIO2:21パーが設定下限なので基本的にFIO2が低下します。 なので上記理論は中々考え辛いのですが、気腫病変があればPEEPをかけると肺胞・血管吻合部に過負荷がかかる可能性があり、擬似IPみたいな状態になるかもですね。さらに流量依存的に死腔換気が促進されるので酸素交換する0.2秒より遅延するかも? ただ所詮NHFなので60LでもPEEP3-4cmかとおもいますんで何故だろう?思案して再回答します。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード