看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

意図・根拠・目的を持ってコミュニーケーションをとるとはどういう...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
学生
意図・根拠・目的を持ってコミュニーケーションをとるとはどういうことですか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
新人ナース, 内科
例えば、糖尿病の患者さんでしたら今までの食生活の情報収集をする事は大切だと思います。普段どのような食事をしているのか、間食はしているのか、甘い物は好きなのかなど。そこからその患者さんにあった個別的な生活指導に繋げたり、どのような関わりが必要なのかが見えてくると思います! 最初はたわいもない好きな料理などの話から、糖尿病になった背景などに繋げるために誘導しながら話を進めていくって事が大切なのかなぁと思います(^^)
ユーザーアイコン
ナースC
クリニック, 内科
それ自分で考えてみましたか?なんのために意図・根拠・目的をもってコミュニケーションするのかわからないと意味ないかなって思ったりします(T_T)
ユーザーアイコン
ナースD
私たち看護師の何気ない言葉掛けにも意味があって...その理由を考えずにできるのは素晴らしいですが、その理由を家族や学生は聞いてきます。 そこで答えられないのは最悪です。 まずはご自身の今日の生活などを振り返って目的や根拠や意図を考えてみてはいかがでしょうか。何気ないことにも存在するはずです。 私たちが仕事としてひび行う看護も、その延長に存在します。
ユーザーアイコン
ナースA
学生
質問者
情報収集といった目的で、どんな情報があれば対象を理解できるかということをヘンダーソンの14項目などを用いながらコミュニーケーションをとるということを今までの実習をしてきました。しかし、情報収集という観点ではなく、対象が落ち込んでいるときなど、気持ち的な面でどのような言葉をかければいいのかが難しいなと思い投稿したのですが、書き方が大雑把すぎました💦 申し訳ございません🙇‍♀️
ユーザーアイコン
ナースC
クリニック, 内科
その言葉、声掛けにも意味があるはずです。質問は確かに大雑把でしたが、この補足があっても答える看護師は少ないと私は思います。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード