看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

患者家族からクレームもらいました。 受け持っていたパーキンソ...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
一般病院, 脳神経外科
患者家族からクレームもらいました。 受け持っていたパーキンソン病患者(重度の認知症)暴力行為が酷く連日殴る蹴るの行為をされていて正直、受け持ちたくないほど本当に嫌でした。 そのため抑制をさせて頂いた旨を家族に説明しました。暴力行為があるため抑制を…と。すると暴力行為って言う言葉はないんじゃないですか?と泣きながらクレームをつけられてしまいました…転職したばかりで病棟にも馴染めず、家族からもクレームをもらうという気持ち的にもう最悪な状況です…。 認知症だからと言えど何をしても許されるのでしょうか?毎日嫌な思いしてるのに言葉ひとつでクレームされなにも評価されない。遣る瀬無い気持ちになることってありませんか?そう言う時どう切り替えてますか?私は、看護師向いてなくて…正直看護師やめたいです。
  • 家族
  • 受け持ち
  • 転職
  • 病棟
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 精神科
    大変な思いをされましたね… 私の勤務する病棟も認知症の人が多いですし、クレームもありました。 面倒なので、お金のためと割り切って仕事してます。あとクレーム対応は師長(もしくは役職付きの人)にぶん投げます。 それと職場を離れたら仕事のことは考えないようにしています。(バイク通勤が趣味でもあるのでそこで気分転換を図れるのもありますが…) そうでもしないとやってられません… まぁそれでも疲れたので、育休を利用してしばらく仕事から離れてたりします。 可能なら、1週間ぐらい仕事から離れて完全オフの日を作れると良いんでしょうけど……
    ユーザーアイコン
    ナースC
    一般病院, 内科
    こちらではまず家族に同意を得てから抑制していますが、みにらさんのとこはどうですか?鼻腔栄養中のミトン装着だけでも抑制になるので説明同意を得た上で行なっています。上司から説明してもらえたらよかったかもしれないですね💧 暴言、暴力はもちろんイライラしますし程度によっては耐えられませんよね。看護師も人間です。でも、やはり病気がそうさせるとゆう認識は常にもっていなければならないでしょうね。そして、もし自分の家族だったら…と考えてみるのもいいでしょう。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    病棟, 内科
    お気持ちはよく分かります。 うちの病院では、抑制を行う前に夜中でも必ず連絡をします。夜中に急遽必要となったときに困らないよう、なるべく高度な認知症の方は同意書とっておきます。 ここで、私が強調して説明するのは、抑制以外の方法がない場合にすること、極力私達はしたくないんだという気持ちをアピールします。家族が協力して頂けるなら抑制を外すことも可能と伝えます。 実際の夜の行動もお伝えします。家族としては、安易に抑制されたくないでしょうから、仕方ないと思ってもらうよう説明します😔 ですが、人間ですので😅家族に手をしっかり握ってもらってる間に点滴入れたら思いっきり頭叩かれて、家族がめっちゃ笑ってたのにはイラつきましたけどね😄 みにらさんが悪いわけではないです。このクレームを受けて、なるべくクレームもらわないようにするにはどうしたらいいかを考える機会になると思います。
    ユーザーアイコン
    ナースE
    プリセプター, 内科
    その患者さんがなぜ暴力行為をするのかアセスメントをしましたか? 認知症の方は言葉を忘れていく過程で伝えたいことが全然伝わらない、分かってもらえない、患者の気持ちを分かろうともしない人に対しもどかしい気持ちになり、手を挙げてしまうことがあります。 看護師のかかわりで改善されない場合は、医師と相談し内服薬の相談をし、患者さんの辛さを軽減します。 認知症の方に看護師のいうことを聞かせる、思い通りにケアを進めることは困難です。それは脳の不可逆的変化で理解する能力が低下し、失行、失認、記憶障害、遂行機能障害があるからです。 御家族が抑制の理由を聞いた時の気持ちはどんな気持ちだったでしょうね。 自分の看護や同僚の看護を振り返り、またその御家族を自分に置き換えて考えてみたらいかがでしょう。
    ユーザーアイコン
    ナースF
    リーダー, 透析
    ケアの際の危険性や、不意な動作に伴う危険、相手を傷つけると同時に自分の体も傷つけてしまう可能性など、言い方は色々あると思います。 正確な情報を相手により分かりやすく納得されるようお伝えするのが我々の役割だと思いますよ。
    ユーザーアイコン
    ナースG
    大学病院, 救急科
    毎日お疲れ様です。辛いことばっかりだと辞めたくなりますよね。部署は違いますが、私の病棟にも認知症だったり、暴力などの危険な患者はくるので家族に説明して抑制してます。 暴力行為という言葉のチョイスが御家族的には嫌だったのかも知れませんね。 私は入院中は点滴、酸素、モニター、バルーンなど入っているので、家族には間違って抜けないように抑制させてもらうことを1番最初に伝えています。 認知症だけでなく、せん妄とか、いつもと違う場所で混乱してしまうからと、あくまでも患者の安全のためと念押しして。 暴力行為って言わず、手も出てくるので…みたいに言えば良かったのかなぁ。 なんか答えになってなくてごめんなさい🙇💦
    ユーザーアイコン
    ナースH
    プリセプター, 内科
    お疲れ様です。 大変な思いをされているのですね。 パーキンソン病かつ認知症となると、患者さんは脳の不可逆的な萎縮による認知機能の低下があり、意思疎通、そして感情を上手くコントロールできなくなります。 それが患者さんの「症状」なんですよ。 患者さんも辛いのです。 そして患者さんの家族が「暴力行為」という言葉に敏感になってしまうのは、ある意味致し方ない事だと思います。 ただどんな理由があろうと、暴力は暴力で立派な犯罪です。 感情をコントロールできないからと言って、殴る蹴るは好ましい状況ではありません。 まずは内服薬の調整を医師に依頼しましょう。カルテに暴力の詳細を書いたり、理想は実際の現場を見てもらうことですが、そちらはなかなか難しいと思います。 そして、薬により患者さんの症状が安定するまで、私たちの安全を確保し、尚且つ患者さんの安静をを保つ上でも抑制(拘束)は必要です。 そこをきちんと医師からICしてもらい、家族からの同意書をいただきましょう。 もしいらっしゃるようでしたら精神科の医師にコンサルトしてもいいかも知れませんね。 私たちスタッフの安全が保たれないと、患者さんの安楽のためには働けないです。 そこはしっかり割り切って、まずは症状が安定する(暴力行為がなくなる)まで、抑制(拘束)はやむを得ないと思いますよ。 暴力行為で傷つくのはスタッフだけではなく、患者さんもです。 そしてみにらさんは、お休みの日はきちんと休んで、気分をリフレッシュして下さいね。 一生懸命頑張って働いているのに、クレームをもらうというのは、そりゃ遣る瀬無い気持ちになりますよ。 でも少し発想を変えて、その患者さんの家族はみにらさんの事を看護師として認めているからこそ、そういうクレームを出したのだと思いましょう。
    ユーザーアイコン
    ナースI
    リーダー, 整形外科
    気持ちはわかります。 認知症があったり、高次脳機能障害があったり、不穏だったりする患者さんは力加減や感情コントロールがうまく出来ない方がいますし、中にはセクハラする方もいますよね。そのような障害があるからといって『しょうがない』って事はないし、こちらも人なので痛いし、嫌な思いするし、妊娠なんてしていたら尚更危険を感じますよね。 ただ、家族って『うちの人に限ってそんな事ない』と思う人は沢山います。モンスターと呼ばれる人達も沢山います。そういう人達がいるという事を忘れずに、表現の仕方を間違えないようにしたほうがいいですね。暴力もそのまま伝えずにいたらよかったのではないでしょうか。
    ユーザーアイコン
    ナースJ
    大学病院, 循環器科
    暴力行為、とか言葉のあやを気にする患者とか、家族っていますよね。 わたしもオペ室から術前訪問に行って、アレルギーとか色々確認すると、なんでそんなこと今さら言わなくちゃいけないの?病棟間で情報共有してないの?とかいう患者がいて。 それでわたしが、 間違いのないように本人から直接確認するためにわざわざお話を聞きにきているんです、 と説明すると、 わざわざって言い方おかしくない? と言葉のあやを揚げ足とってくる患者がいました。 わたしも普段なら使わない言葉ですが、普通の質問しただけで疑問を呈してくる患者だったのでつい出てしまった言葉です。 でもそういう言葉のあやにうるさい患者っている気がします。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード