看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

IABPのバルーンを膨らませるタイミングについて 心電図がどの...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 整形外科
IABPのバルーンを膨らませるタイミングについて 心電図がどのような波形の時にバルーンを膨らませるのがただしいのでしょうか? また、その他看護の視点について教えていただきたいです。循環/HCU CCU
  • HCU
  • 心電図
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    病棟, 呼吸器科
    バルーンは拡張期に膨らませるので、心電図でいうとT波の終わりに拡張させてP波の終わり(QRSの前)で収縮するようにタイミングを合わせます。 心電図が分かりにくい場合は動脈圧の大動脈弁が閉じるタイミング(ディクロティックノッチ)で拡張のタイミングを合わせる方が分かりやすかったりします。 体表の心電図トリガーでタイミングを合わせている場合、体位交換や清拭などケアの際にノイズが入ったりしてタイミングがずれることがあるので、身体に触る時は動脈圧トリガーにすることをおすすめします。 (フルオートといって、勝手に機械がトリガーを切り替えてくれる賢いモードもあります)
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 整形外科
    質問者
    とてもわかりやすくありがとうございます!機械により違いもあるのですね、勉強になりました。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード