看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

小児科で働いてる方へ質問です。どんなことが大切ですか?

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
プリセプター, 耳鼻咽喉科
小児科で働いてる方へ質問です。どんなことが大切ですか?
回答
ユーザーアイコン
ナースA
プリセプター, 耳鼻咽喉科
質問者
こちらこそありがとうございました!
ユーザーアイコン
ナースB
大学病院, 小児科
上の方と同じ意見になってしまいますが、やはり家族看護は小児科において重要になってきますね。小児がんなど長期的な入院になると、子ども本人の看護はもちろんですが付き添いの家族やその兄弟へのフォローが必要不可欠になります。入院している親も仕事や生活がある中で、子どもの付き添いをして病院に寝泊まりの生活になると、まともに食事や睡眠もとれず体調を崩してしまいます。また親が入院している子につきっきりになると、家にいるその子の兄弟も寂しい思いをしています。患者本人だけでなく親や兄弟も含めてその家族みんなに目を向けて看護していくことは大切です。 また子どもは小さいと自分で症状を訴えることがうまくできずただ泣いて機嫌が悪かったり、気持ち悪いといったことでも「痛い」とか「辛い」などと自分の知っている言葉でしか表現できないこともあります。なので子どものいつもと違った表情や機嫌を見逃さない観察力もとても重要になってくると思います。そういった観察力は看護師より、毎日側にいる親の方が変化に気づくこともあるので親からの訴えもとても大事です✩︎⡱ 長期入院の子だと、それそこ病院でベッド上の生活だけになると周りの年齢の子より発達が遅れることもあります。なので体調や発達段階に応じて、成長を促すような遊びや、しつけや、勉強なども入院生活の中に取り入れていくことも心がけています。 検査や治療の説明1つでも、大人と違って子どもは必要性を理解できないことが多いです。自分が悪い子だからこんなことしないといけないのかな?などと自分を責めてしまうこともあります。CTなどといっても大人と違ってどんな検査か理解できずにとても不安に感じる子もいます。 なのでそういったことがないように子どもだからといって親にばかり何事でも説明するのではなく、子どもへの説明もとても大事なことだと思います。説明の内容なども絵で紙芝居のようにしたり、短時間で終わらせたり、どこまで理解できるかに応じてプレパレーションして子どもが納得して恐怖心も緩和して治療に臨めるように介入していくことも大切だと思います◡̈⃝︎⋆︎* それこそ薬1つを飲むのでも採血するのでも嫌がる子もいますし、無理矢理にならないように、できたことは褒めまくって、本人が嫌がらずに主体的に治療できる環境を整えていってあげることも大事かと思います。 考えだすともっと色々出てきそうですが、子どもの成長過程に合わせながら看護していくのは成人と大きく違うところかなと思います⑅︎◡̈︎*

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード