看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

中心静脈カテーテルを挿入されてる患者さんについての質問です。内...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 脳神経外科
中心静脈カテーテルを挿入されてる患者さんについての質問です。内頸静脈からカテーテルが入っており、高カロリー輸液を行なっていたのですが、なにやら同時に加圧して生食とかいてあるものがながされていました。なぜ加圧して生食を流しているのでしょうか?
  • 輸液
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 内科
    生食だけですか?加圧とはどういう意味でしょうか? 抗生剤とか他の薬剤ではないのでしょうか?
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 内科
    抗生剤か何かの事では?と思ったのですが、でもそれは、ルートの閉塞を防ぐためではないでしょうか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    お返事ありがとうございます! そうなんです、生食と書いた袋で、送気球のようなものでシュポシュポしてその袋をパンパンにするのです。確かに先輩も、生食の中身がなかったり、圧が抜けてたりすると詰まってしまうとおっしゃっていました。 一応中心静脈カテーテルについての勉強はしたのですが、なぜ加圧しないと詰まってしまうのでしょうか?太い血管だから抹消の静脈より圧が高いから逆流する…からとかですかね?? 長々とごめんなさい😞
    ユーザーアイコン
    ナースC
    リーダー, 泌尿器科
    それは中心静脈圧、つまりCVPを図るためのラインではないですか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    お返事ありがとうございます! たしかに中心静脈圧を図る時に使うもののようですね、そのうち図るためにずっとつけてるのでしょうか… でも先輩も生食の中身がなかったり圧が抜けてたりすると詰まってしまうとおっしゃっていました。なぜ加圧してないと詰まってしまうのでしょうか??
    ユーザーアイコン
    ナースC
    リーダー, 泌尿器科
    原理はAラインと一緒です。 圧力を測定するので、そのために加圧してます。持続測定するときは、結果的に少しずつ体に生食が入ります、ヘパリンを入れるのは持続で測定する時に、ルートにクロットを作らないために使いますが、、ヘパリンのアレルギー(HIT)が出たりなどあり生食だけの時もあるそうです。どっちにしても、血圧に耐えうる圧力をかけていなければ逆流して測定ができませんし、詰まってしまいます。 IVHとは違うルートから繋がってませんか?CVカテーテルは、入り口ごとに出口も違います。ですから、先輩のおっしゃってる意味は、CVPの出口を詰まらせない、という事だと思います。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    なるほど、圧をかけて生食などいれることで、中心静脈圧を測定するところの血栓によるつまりや逆流を防いでいるのですね!
    ユーザーアイコン
    ナースC
    リーダー, 泌尿器科
    圧をかける事自体は血栓予防ではなく、圧力を測定するためです、誤解を招いていたらすみません。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    あ、そうなんですね、では中心静脈圧の測定についてもう少し勉強してみます! ご丁寧な説明ありがとうございました🙇‍♂️問題解決解決して新たな課題がわかりました!
    ユーザーアイコン
    ナースD
    一般病院, 内科
    ほんとに内径静脈で高カロリー輸液と同一ラインでしたか? Aラインでの持続的血圧測定かなぁと思ったのですが…… 生食の中にヘパリン入って加圧してるのとは違いますか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    高カロリー輸液とは同じラインだったか…そこまで見れてませんでした、、 でも動脈ではなかったと思います 生食の中にヘパリンが入って加圧してる方かもしれません!なぜヘパリン入りの生食を加圧で流さないと閉塞してしまうのでしょうか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    すみません、あとカテーテルはダブルルーメンでした。
    ユーザーアイコン
    ナースE
    リーダー, ICU
    CVカテはシングルですか?ダブル?トリプル?もし、ダブルやトリプルが挿入されているのだとしたら、一つにTPNがつながって、もう一つはCVPの圧ラインをつなげているのではないでしょうか?TPNラインの側管につなげる時は、CVルートが一本しかないけど、圧測定をしたい時に時折実施していることがあります。 中心静脈は末梢静脈とは異なり、投与した薬液はすぐに右心房に流れます。となると、CVカテによる空気塞栓や血栓のリスクは分かりますよね?ヒヨコナースさんの見解で間違いないと思いますが、圧測定が必要ないのであれば、Heロックすることもあります。Heロックのリスクを考慮して持続的に圧ラインとして残しておくこともあります。他には、ICUやHCUであれば、加算のためにCVPラインをつなげていることもあるかと…。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    そうですそうです!ダブルでした、 では片方で栄養を流して片方は圧測定のためとか閉塞予防のために加圧してヘパリン入り生食が繋がってるという感じでしょうか、少し答えが見えてきた気がします…
    ユーザーアイコン
    ナースE
    リーダー, ICU
    せっかく挿入したダブルのCVカテなので、一本が必要なくなっても、そのまま残しておくと思いますので…。keepで生食をつなぐとしても、5ml/hくらい?(かなり曖昧です…)必要だった気がします。不要な水分を増やさないために、圧ラインをつなげているのかもしれませんね。もちろん、CVP測定が必要なのかもしれませんし。CVP測定はしていないのでしょうか? CVP測定のため、カテーテル内に逆血した血液で閉塞や血栓が生じないようするため、Heを使用している…と、私は思っていました。さちこさんの仰る通り、HITを疑っている時はHeは使いません。それでも閉塞することはなかった気がします。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    お返事ありがとうございます! 不要な水分を増やさないために圧をつなげているというのは…どういうことでしょうか?気になります… CVP測定については知識不足なのでもう少し勉強してみようと思ってました
    ユーザーアイコン
    ナースE
    リーダー, ICU
    不要な水分を増やさないために、圧バッグをつなげてると言ったわけではありません。混乱させてしまってすみません。 CVカテを5ml/h以下の輸液速度で管理することを見たことがなかったので。循環器や心臓血管術後の患者さんだと、水分管理をしていて、余計な水分を増やしたくないがために、CVPラインの圧バッグをつなげて3ml/h程度のinにするようにしているのかな?と思ったまでです。間違えているかもしれませんが…。 ただkeepしたいだけのラインであれば、とりあえず圧バッグ、と言われる時もありますし、CVP測定のためにつないでいる時もあります。CVPは定点での測定値を必要とするよりは、今は値の変動を重要視しているので。 もしかしたら、医師や病院によって理由も異なるかもしれません。期待に添えるようなお答えが出来ずすみません。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    あ、なるほどそういう意味での水分を増やさないためだったんですね! ではキープかCVP測定のために圧バックを使ってる感じなんですかね、 ごめんなさいこちらこそ、知識も足りないので色々と飲み込みが遅くて、、 丁寧にお答えくださって解決につながりました!ほんとにありがとうございます!!
    ユーザーアイコン
    ナースE
    リーダー, ICU
    私も毎日勉強です…お互い頑張りましょう!
    ユーザーアイコン
    ナースF
    ママナース, 救急科
    おそらくAラインの事ではありませんか?ショックバイタル等の時に、動脈圧を出して正確な血圧の値を確認するのと血圧を観察する事だと思います。?当センターでは、生食500mlにヘパリン2mlと規約があります。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 脳神経外科
    質問者
    お返事ありがとうございます! 解決しました!

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード