看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

超急性期で毎日バタバタ。 ゆっくり看護がしたいって思うけど、そ...

つぶやき
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 救急科
超急性期で毎日バタバタ。 ゆっくり看護がしたいって思うけど、それって忙しいから思う無い物ねだりなのかな。 バタバタしながらも少しずつ要領つかめて対応できるようになって、怖いドクターや先輩に褒められると嬉しい。でも何にやりがいを感じでるんだ??ってなる。 元気になる患者さんをみるとほんっとに嬉しい。だから、きっと、 超急性期が嫌いなわけじゃないんだよね。
回答
ユーザーアイコン
ナースB
リーダー, 内科
私もまかろんさんと同じで、1.2年目の時の一番の悩みはゆっくり看護できてないことでした。そして超急性期が好きでやりがいも感じていました☺︎ 経験を積むことで自分の業務に少しずつ余裕が出てきて、少しずつでも看護に時間をかけることができるようになった気がします☺︎
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 救急科
質問者
返信ありがとうございます! たしかに、1年目の時と比べたら余裕を持って仕事できるようになったとはおもいます。もう少し頑張って見つついろんな選択肢があることも考えていこうと思います!ありがとうございます!

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード