看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

私が働いてる病棟は内科に分類されますが患者のほとんどは高齢者で...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 内科
私が働いてる病棟は内科に分類されますが患者のほとんどは高齢者で介護が多い仕事です。急性期と、違って看護技術や処置、急変時の対応などもほとんどすることがなく日常生活援助位しか看護をしていません。 このまま、ずっとこの病棟で働いていいのか仮に転職したとしても、他の病院でやっていけるのか自信がありません。
  • 看護技術
  • 急変
  • 介護
  • 内科
  • 急性期
  • 転職
  • 病棟
  • 病院
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    プリセプター, 救急科
    コメント失礼します。 若いうちにやりたいことをやることをオススメします! 歳を重ねてからでは新しく覚えることがより難しくなるみたいです。 新人のうちに、救急領域を学んでおくとあとに役立つと私は救急領域に進みました。 ずっと同じ場所に留まって、ぬるま湯に浸かるのも楽でいいとも思いますが、少しでも向上心があるのであれば、新しいことに挑戦してみるのもありじゃないかなと思います!
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 内科
    質問者
    そうですよね。 若い内なら体力もあるし、覚えるのも早く身につけられますから勇気を出して新しいことに挑戦することも大切なのですね。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード