看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

私は仕事をしていて、学生の時と違うなと思ったりすることがありま...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
急性期
私は仕事をしていて、学生の時と違うなと思ったりすることがあります。エビデンスもなくなぜこれはやってるのだろうと思うこともたまにあります。みなさんはなにかこれはなんでやってるの?とかどうしてこれはこうするの?とか思ったことありますか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
消化器内科
学生の時とは色々違いますよねー。私が入職した時に一番感じたのは、「身体拘束をすごくしてるなぁ」ということでした。学校では「身体拘束は極力しない」と教わったので。「この患者さんには必要ないんじゃない?!どうしてしてるの??」と思うことも多かったです。でも今は、命に関わるインシデントが起きるよりかは、と、少しでも心配な時はガンガンやっていますが…本当は必要のない患者さんにも、身体拘束をしてしまっているような気がします。。
ユーザーアイコン
ナースA
急性期
質問者
返信ありがとうございます!! 身体拘束って割とやっちゃってますけど、自分がやられたらかなり負担ですよね😭でもたしかにやっちゃってますね。
ユーザーアイコン
ナースC
ICU
エビデンスはやはりあるんだと思います。自分の理想と現実の状況&リスクと天秤にかけた時、どういう答えが出るか…。それは、理想や机上の勉強とは異なる答えかもしれませんが、その行動をするエビデンスとなるはずです。 何故?と気付くのは大切で、でもそこで考えること、誰かに聞いて答えを出すことが必要だと思います。慣習でやるのが一番ダメかな。と、自分を振り返っています。
ユーザーアイコン
ナースD
救急科
この間学生の実習の振り返りに参加し、身体抑制は反対と全ての学生さんが話されていました。 患者、看護師の安全のためにやらなければならないこともあったりと致し方無いのが現状です。 理想と現実の差に戸惑うこともあるかと思いますが、その行為に対するエビデンスを持っていれば葛藤も減ってくるかと思います。 倫理的な問題等で辛いこともあるかと思いますが、よりよい看護となるよう応援しています。
ユーザーアイコン
ナースE
新人ナース, 救急科
全介助の患者が多い部署で、当たり前のように2時間ごとに体位変換をしていたのですが、2時間に1度体位変換をすることは褥瘡予防に関してエビデンスがあるわけじゃないと聞き驚きました。 あとは、熱発してる患者さんをアイスノンなどでクーリングすることも体温を下げるために有効というエビデンスは無いそうですね。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード