看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

助産師さんに質問です。あなたが助産師を目指した理由は何ですか?...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
学生, 小児科
助産師さんに質問です。あなたが助産師を目指した理由は何ですか? 拝見ありがとうございます。 現在看護学生のものです。 母性看護学を学び、興味を持ち始め勉強は大変ですが楽しいと思えている状況です。 そこで助産師も視野に入れ始めたのですが、 知り合いから助産師さんにはとても人数が少なく看護師よりもキツイから、容易にオススメは出来ない笑 と言われました。 キツイのは看護師も同じなのでそこの心配はしていないのですが、助産師を目指すとなると何十万とお金がかかるので迷っています。
  • 看護学生
  • 勉強
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    病棟, 産科・婦人科
    もし迷われてるのであれば一度産婦人科で看護師として勤務してからでも遅くはないと思いますよ! 産婦人科で働いて助産師になりたいって思ったら、助産学校に行くお金を貯めて行くのでも良いと思います♬
    ユーザーアイコン
    ナースC
    クリニック, 小児科
    産科以外では働きたくないな、と看護実習の時に感じたからです。消去法です。 マニアックな私には、一つの科に生涯没頭するというのは向いていました。看護師さんみたいに、いろんな科を転々としたくないです。「看護師よりもキツイから」の意味がわかりません。 私は、助産師の仕事が楽しいです。子供3人いますが、何度育休入っても、また同じ産科に戻るので楽です。育休中の経験がこれまた、復帰後に役立つのなんのって。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    一般病院, 産科・婦人科
    わたしは知り合いの助産師さんに憧れて、中学生の頃に助産師を目指し始め大学卒業後に大学院に進学し助産師免許をとりました。 実際に院に入ってからは、 前の方も書かれてますが、実習は看護師の時の実習のほうが何十倍もラクだった、とみんなで言い合うくらい、体力的にもですが精神的にも辛いものがあります。 お産になれば夜中でも呼び出しありのオンコール実習。お産も指導者さんと自分でとりますが、ベテランになってもかなり悩むお産の進行のアセスメントをいざその場でやり、刻一刻と変化する状態をさらにアセスメントし指導者さんに伝えまたお母さんのところに戻り、、の繰り返しでかなり苦しかったです。 働き始めてからは、 病院によっては産まれるギリギリまで何人もの2人分の命をひとりで責任持って見なければなりません。 クリニックや個人病院だと医師はわたしたちがコールした時しかお産に顔を出さないところも多いので、『判断する』ということがかなり求められます。お産での自分の判断ミスで、母児が命を落とすかもしれない、どちらかに一生障害が残るかもしれないというプレッシャーと責任感に押しつぶされそうになりながら働いています。 元気に産まれてくれる命ばかりではなく、子宮内胎児死亡や特に何もなく経過していた方の突然の母体死亡、なんらかの事情での中絶、若年妊娠など幸せばかりでないことにぶち当たることも多いです。 わたしは長年なりたくてなりたくて、念願叶っていざなったものの理想と現実のギャップにかなり悩まされました。 産科は超急性期と言われるほど、お産は1分1分でかなり状況が変わってきます。頭ではわかっていたものの、突然振ってかかる緊急時は何年やっててもしんどいな、と思います。 人が産まれるところに立ち会えることは、とても貴重なことですしやりがいもありますが、わたしは進学前の自分の考えが甘く苦労したので、あくまで参考までに。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード