看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

腰部脊柱管狭窄症の患者はなぜ前傾姿勢が禁忌動作なのですか?

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
学生, 外科
腰部脊柱管狭窄症の患者はなぜ前傾姿勢が禁忌動作なのですか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
保育園・学校, 小児科
脊柱間狭窄の禁忌は前傾じゃないと思うけど? 前傾することで、圧迫されていた血管や神経などが一時的に緩和されるはず。 何か新しい学説出てましたっけ?
ユーザーアイコン
ナースA
学生, 外科
質問者
コルセット着用されてます 前屈しないようにと指導されてました
ユーザーアイコン
ナースB
保育園・学校, 小児科
それって、腰椎変性すべり症か脊椎分離症が前提にありませんか? その合併症でなら分かるけど、単なる脊柱間狭窄なら、運動療法が行なえなくても前かがみで歩くように指導するし、遠くへ移動する時は前傾姿勢を取れる自転車を薦める。 コルセットをしてるのは、筋力が衰えてるからと推測できるけど、それでも体操とかはやるように言うのが基本。 単に前屈してはならない、と言うなら、他になんかの根拠があるはずですが?
ユーザーアイコン
ナースA
学生, 外科
質問者
負担をかけないようにですかね
ユーザーアイコン
ナースA
学生, 外科
質問者
ボルトが入ってるからですかね
ユーザーアイコン
ナースB
保育園・学校, 小児科
なるw それは、質問としての前提が脊柱間狭窄ではないですな。 脊柱間狭窄無視して、何でボルトとコルセットしてたら前屈がダメなのかの質問してたなら、誰もが答えやすいと思います。 その上で脊柱間狭窄を絡めて、禁忌とか治療や運動療法、看護計画のエビデンスを聞けば、めんどくさくなかったと思いますよ。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード