看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

仕事を始めて半年になります。インサイトを刺すのが上手じゃなく、...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
耳鼻咽喉科
仕事を始めて半年になります。インサイトを刺すのが上手じゃなく、また、血管の選び方もまだまだ分かりません、良い血管の見分け方のポイントなどあればよろしくお願いします。経験がものを言うとは思いますが、入れ替わり激しく、オペもある病棟ですので、インサイトがスムーズに刺せるようになりたいです。よろしくお願いします。
  • 病棟
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    総合診療科
    長時間点滴する留置針は、腕の動きによって滴下が変わってはいけないので前腕が第一選択です。血管を選ぶ時には、弾力や太さ、走行が大事ですね。真っ直ぐで蛇行していない血管が適しています。しかし、悩み過ぎて時間をかけても患者さんが不安を感じてしまいます。ある程度針が入るなーと思う真っ直ぐで弾力、太さのある血管を選ぶと良いと思います。 留置針は長時間のことが多いので、私はまず患者さんの利き手を聞いてその反対側の手に注射するようにします。利き手を制限されると辛いので。そして前腕をくるっと一周見て、良い血管が無ければ反対の手を見て。それでも良い血管が見つからなければ手背にさせてもらいます。しかし手背は細い血管が多く漏れやすいので注意が必要です。 注射は患者さんの痛みが伴うことなので緊張しますよね。経験して行くうちにコツを掴んでいくと思います。頑張って下さい。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    耳鼻咽喉科
    質問者
    コメントありがとうございます。 太くて弾力のある真っ直ぐな血管探してみます。私はよく悩んでしまい時間をかけてしまっていました、確かに不安にさせてしまいますよね。とても丁寧な選び方のアドバイスありがとうございました。上手く出来るかまだ不安はありますが、日々精進していきたいと思います。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    急性期
    私もはじめは、留置針が苦手でした!たしかに回数や経験も大事ですよね^_^上記の回答者様のように、教科書通りのアドバイスはもちろん大切ですが、私は自分の経験でアドバイスさせていただきますね!!一番は血管選び、その次には血液の返りをどれだけはやく確認できるかだとおもいます。 血管は、前腕の一番太いまっすぐな血管が第1選択ですが、私は太さより弾力を優先します。表面に見えている太い血管とうっすら見えるけれど太さはまぁまぁ、けれど弾力がある。という二つの血管があるとすれば、私は弾力の強い方を選びます。 弾力がある血管を選ぶのは、より血管壁がつよく、血の流れも速いので針が入った時に逆流がすぐにあるため、針を進めすぎて血管を破ってしまうリスクが減るからです。すぐに空針に入れ替えることにより、漏れるのを防ぐことができます。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    耳鼻咽喉科
    質問者
    コメントありがとうございます。 弾力が大事なのですね。私はよく血管を突き破ってしまうので、理由まで丁寧に説明して頂き、そういう事だったのかと、とてもスッキリしました。経験からわかりやすい例を入れながらのアドバイスありがとうございます。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード