看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

60代の右被殻出血女性の患者様を受け持っております。左上下肢麻...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
一般病院, リハビリ科
60代の右被殻出血女性の患者様を受け持っております。左上下肢麻痺あり歩行リハビリ中ですが、入院時より尿閉です。泌尿器科受診にて内服は期待できないから膀胱訓練と導尿しかないと言われました。患者様は何よりも尿が出ないことを気にされており、夫と自宅で2人暮らしでもあるためなんとか出るようにならないか。または自己導尿手技を指導するしかないのかどこまで自尿をまつのか悩んでおります。患者様は病気になってから後ろ向きな発言が多いので、どのようにすすめていったら良いか悩んでいます。
  • 手技
  • リハ
  • 指導
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    介護保険を申請して、訪問看護も導入かと思いますが。まず、自己導尿朝、昼、夜としてみて、どれくらいの量があるかだと思います。膀胱炎にならないようにしないといけませんしね。それで、退院したら訪問看護でフォローしてもらいましょう。相談乗ってくれるところがあると安心すると思います。一時期残尿があるからと毎日、30分と20分を組み合わせて毎日一回訪問していたケースもありました。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    一般病院, リハビリ科
    質問者
    ありがとうございます。ホウカンを入れて安心へ繋げる方法は参考になりました。 やはり自己導尿を指導するしかないでしょうか。なかなか病気が受け入れてない感じであるため、まだ切り出せません。 膀胱訓練で実際でるようにはなるのでしょうか?
    ユーザーアイコン
    ナースC
    大学病院, 泌尿器科
    はじめまして、泌尿器科の外来Nurseです。 神経因性膀胱に対し、膀胱訓練は、今はしません。 エビデンスが、無いからと、感染リスクが高いからです。 尿閉の原因は、何と診断されていますか? 神経因性膀胱、機能不全に寄る排尿障害等あり、対応が異なります。 自然排尿は、ありますか?(失禁でもOK)。 あるようなら、家族が間歇導尿するのも、有りですが。。。 介護負担を考えると、留置カテーテル継続が、妥当に思われます。(キャップ管理も含めて) 追加情報、ご質問等ある様でしたら、コメント下さいね。 大変な症例、頑張ってください!
    ユーザーアイコン
    ナースA
    一般病院, リハビリ科
    質問者
    ありがとうございます。直接泌尿器科のiCについたわけではないので週明けしっかり確認します。 膀胱が500程度たまると尿意がありました。トイレ排泄も腹圧かけることで100程度は出るんですが400は残ってしまうを繰り返していました。泌尿器科受診後からドクター指示にて定時導尿となって経過しています。 考えて下さり嬉しいです。また後日情報追加します。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    大学病院, 泌尿器科
    うーん。膀胱容量的には、500は、ため過ぎです(涙💧 膀胱は、筋肉で出来た鞠なので、伸ばしすぎると縮む力が失われていきます。 入院中の、導尿間隔の設定は、自然排尿+残尿が、400以下になるようにします。 在宅での目標は、どう設定されますか? 個人的には、「障害を持っても大切な家族と一緒に、如何に楽して、愉しく生きていくのか」と、いうところに尽きると考えます。 排泄だけに、FOCUSせず広い視野を持って看ていけるといいですね!
    ユーザーアイコン
    ナースA
    一般病院, リハビリ科
    質問者
    当初いくつあたりで尿意がでるのかとリハビリ医師にも確認しながら実施しておりました。その後は残尿200前後で導尿しており、今は定時導尿です。 私がここに終着するのも患者様の悩みが入院時より自尿がでていないことばかり口にしていたので。歩けることは嬉しいけど、おしっこがね。。とか。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    一般病院, リハビリ科
    質問者
    まだ障害を受け入れきれてない状態です(◞‸◟)
    ユーザーアイコン
    ナースC
    大学病院, 泌尿器科
    そうですね。障害受容のステップは、人それぞれ。しかも、進んで戻ってまた戻る🔙。。。 導尿間隔は、OKですね😀 時間的に、入院中に障害受容するのは難しいのだと思います。 全人的に患者様を看て、 各Needが何によりどの程度満たされているのか? Needの優先順位は、どうなのか? 受容のステップは、現時点でどこなのか? 把握した上で、入院期間で出来うることと、在宅に託すことと、その根拠を明確にできると良いのではないでしょうか? 病棟看護師が、全て背負わなければイケないという事はないのです。 看護、医療は、チームワーク。 バニラさんの、患者様思いの姿勢は、とても尊敬します。 自分自身の健康有っての、看護。どうぞ、御自愛下さい。応援しています😊
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    失礼しますね。私が思うにね。 夫とふたり暮らし。夫に導尿頼めますかという話になるのです。私は夫には導尿はしてもらいたくないなぁ。今はいないけど。 で、留置カテーテルは違和感があったりしますでしょ。留置カテーテル入れられた事ありますか?私は入れた事あるんですけどね。すごい違和感で早く外したかったです。また、60代の年齢で留置も本人にとってはすごく留置勇気のいる事と思います。まだまだ、これから先が長いのでね。 出来る限り、外に出る時は何もない体で出たいと思っているのではないでしょうか。 自己導尿を指導して、訪問看護に繋げていくといいと思いますけど。右被殻出血の方ですから、排便とか水分とか栄養管理など、これからも様々な問題が起きると思いますが。うちでも、導尿はしていないにしろ。同じ病名で訪問看護していますから。色々問題ありますよ。水分は摂らない。手足の色は悪くなりますしね。自宅でもリハビリです。継続が必要になりますからね。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    一般病院, リハビリ科
    質問者
    ありがとうございます。 そうなんです。 もちろん本人を考えると認知もなく意識もしっかりあるので、まだ自己導尿やばるん、夫の導尿についての話はメンタル低下も考えるためしておりません。 本人は自尿を期待しているので。 そこをどのようなタイミングでどのように話して行くのがベストなのか。に悩んでおります。
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    そうですね。タイミング難しいですよねー。 誰だって、自然な排尿望みたいです。私も同じ病気になって尿閉と言われても、まだ、自分の力で出来るのでは思いたいと受け入れ出来ないかも。 本人には、その気持ちを汲んで、でも、もし難しかったらどうしたいですか?と聞いていくのがいいのかなぁ。ゆっくり傾聴しながら、時間をかける必要があると思いますが。バニラさんが一生懸命考えている事は伝わると思います。心開いてくれている時、もしもで聞いてみるとかなぁ。あー。ほんと難しいねー。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    一般病院, リハビリ科
    質問者
    そうですよね。退院期限がきてしまう場合も考慮し、また見た目も考慮し、話すのであれば自己導尿ですね。それも、自己導尿しながらも自尿が期待できるような自宅フォローに繋げていけたらいいですかね。 話すきっかけについては、やはりタイミングをみて退院が1ヶ月きることを機に話してみようと思います。もしも。ですね。私だったら。とかも入れて話せていけるようにしていきます。ありがとうございます!

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード