看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

自分以外に考えられないとは思いますが信じ難くてもう病んでしまい...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
大学病院, 脳神経外科
自分以外に考えられないとは思いますが信じ難くてもう病んでしまいそうです。 看護師1年目。点滴のインシデントばかりして、意識して点滴を合わせても交換は1時間遅れがザラ。 そして今日は14時更新の点滴を15時に更新しました。 500mlを2本キープなので4秒に1滴で合わせていました。 私の病棟では14時締めになっています。 しかし、17時ごろ勤務交代した先輩に残が250だけどどういうこと?と言われました。 滴下を見ると1秒くらいで滴下していました。 たった2時間の間で100ちょい行ってしまいました。 しかし、全く心当たりがありません。 16時ごろにもラウンドをしましたが滴下は変わっていませんでした。 何が起きたのか全くわかりません。 ここまでくると誰かに行為で嫌がらせをされているのかと思ってきてしまいます。 しかし流石に自分以外考えられませんよね、、 ショックで立ち直れないです。 8ヶ月が経ち、ほとんどの業務には慣れてきましたが未だに点滴のインシデントが多くうまくいった試しがありません。 点滴管理が苦手だった方で改善した方法とかあれば是非教えて頂きたいです。
  • 滴下
  • インシデント
  • 点滴
  • 1年目
  • 先輩
  • 病棟
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    病棟, 内科
    点滴合わせはもちろんですが、小まめに残量をチェックする事が一番の方法です。 患者さんのADLにもよるでしょうが、寝たきりの患者さんの場合は、オムツや体位変換、ラウンド、部屋を通りかかる度等、確認のタイミングはいくらでもあります。 自分が休憩に入る前にもチェックし、ある程度の時間で残量を推測して合わせるのもアリです。 因みに私は療養病院に勤務していた際は、500の2本キープで12時更新が基本だったので、朝は清拭時、夕は定時前頃には残量250を目安に早めたり、絞ったりしていました。 もちろん調整後は確認頻度を上げて、行く度にみてましたよ。 休憩のタイミングで自分が更新できる時と、できない時があるので、できない場合は、他者に残量◯◯で、早めてますor絞ってますので、すいませんが、更新お願いしていいですか?と、声かけてから休憩に入っていましたよ。 合わせても、部位や、刺しかえ頻度や、患者さんの動きによっても、滴下は随時変化するので、確認する事が一番の防止策だと思います。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    リーダー, 内科
    お疲れ様です。何が起こったのか?ちゃんと合わせたのに!と思うのは誰でもある事です。 私も新人の頃は合わせられず苦労しました。よく遅れるのならば早めに滴下するか、再々見に行くか、で対策しています。そらもう再々です。部屋の前を通りかかったら覗きに行くとかしてました。 滴下が合わない要因は色々あると思います。調整している時の患者さんの腕が曲がっていたとか、合わせた後にリハビリが入って挿入部位の角度が変わったとか。 人のせいにしてはだめですけど、疑いたくもなりますよね😅 なんせ、よく見に行く事しか対策はないと思います。悔しいですけどね。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    プリセプター, 循環器科
    わたしも1年目の頃点滴管理が苦手でよくプリセプターに怒られてました…。 ルートの入ってる位置とか腕の角度とかで滴下が変わります。つなげたときはちょうど良くてもちょっとした動きで滴下が遅くなったり早くなったりはよくあります。 意識状態の良い患者さんは落ちてないよ、とか教えたりしてくれて助かりましたけど寝たきりの患者さんだと何回も見に行くしかないと思います! 自分の経験だと自分の合わせた滴下より少し早くしてみたら時間ちょうどに終わることが多かったです。早すぎてもダメなんですけどね…(;ω;)
    ユーザーアイコン
    ナースE
    一般病院, 慢性期
    私も新人の時、よく滴下不良のインシデント起こしてました。辛いですよね。24時間持続の点滴を、17時の時点で全部落ちてて、先輩に怒鳴られた事もありました。きっとマニュアルにものってるかと思うのですが、15分ごとつまりこまめにチェックするしかないのです。滴下訓練が必要なのです。少しの角度で滴下って変わってしまいますのでね。新人の時滴下が完璧な先輩の行動をずっと見てたことあるのですが、やはりこまめにチェックされてました。確認しすぎて困ることはないです。全ては患者さんのためです。負けないでくださいね。
    ユーザーアイコン
    ナースF
    一般病院, 内科
    輸液ポンプがあればまだそのようなトラブルは防げるのですけどね。 過去手動で高カロリー輸液管理していて時代は残気にして見てても計算とあわないときがあるので、やっぱ方がいう内容と同じになっちゃいますね。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード