看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

術後の患者さんで、ivPCAから持続でフェンタニルを3ml/h...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, HCU
術後の患者さんで、ivPCAから持続でフェンタニルを3ml/hで投与していました。 術後疼痛ではアセリオ、ロピオン、ソセゴン➕アタラックスpの指示があり アセリオを投与しましたが効かず、血圧も低めであったためロピオンは使いにくいと評価し、ソセゴン➕アタPの筋注を行いました。 その後家で振り返りをしていたあと、ソセゴンはオピオイドと拮抗作用があるため使用してはいけないという旨が書いてありました。 フェンタニルを持続投与している患者には、ソセゴンは投与しなかった方が良かったのでしょうか?
  • 術後
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 内科
    確かにフェンタニルとソセゴンは拮抗作用があるので、疼痛管理に詳しいDrはその指示は出していませんでした。…が、あまり詳しくないor気にしていないDrはその指示を出すことがありましたよ(笑) アセリオが無効で、血圧が低くてロピオンが使いにくいとなったら、最後の指示を使うで仕方ないのではないでしょうか? そもそも、ivPCAが使用されていて、疼痛時そちらのボーラス投与の指示はなかったのでしょうか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, HCU
    質問者
    回答有難うございます、 PCAからのボーラスは第1選択で行いましたが、それでも全く痛みで自制が効かない状態であったため、アセリオ→ソセゴン投与にしました。 指示簿確認時、パートナーの先輩やリーダーナースとも確認しましたが特に何も言われなかったので、気になったので質問させて頂きました。
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 内科
    看護師でもフェンタニルとソセゴンが拮抗するということを知らないor忘れてる人は多いですからね(笑) 自分で気づけ調べられたのは素晴らしいですね☆ その調子でお仕事頑張って下さいね! ちなみにですが…PCAのベースの量を変えてもらうのもアリかと思います。 私が働いていたICUは麻酔科Drが疼痛管理をしてくれていたので、麻酔科Drに相談してベースを上げてもらうことはよくありましたよ!
    ユーザーアイコン
    ナースC
    新人ナース, 外科
    術後の疼痛時指示でよくアセリオとロピオンが使われるのですがアセリオは効果発言時間が15分からなので15分程度で落としますが、ロピオンやソセアタはどのくらいの程度で落とすのでしょうか?根拠も教えていただきたいです。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, HCU
    質問者
    ロピオンと生食100で、確か指示が30分ほどかけて投与だったのでそれくらいで投与してます。ソセゴンとアタpは筋肉注射でしてます。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, HCU
    質問者
    ロピオンの最高血中濃度の関係で、30分以上時間がかかってしまうと効果が弱くなってしまったと思います、参考までに。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード