看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

看護学生ですがどのような立ち位置で、というかどのような心構えで...

看護学生・国試
ユーザーアイコン
ナースA
学生, その他の科
看護学生ですがどのような立ち位置で、というかどのような心構えで挑んでいいのかわかりません。 医療者とは違いますが結局学習するのは実際の病気で入院している患者さんです。 患者さんにとっては看護学生も看護師も関係ないんだと思うんです。自分が治療するという目的なので。 なんというか考えがまとまらないのですが、どのような気持ちで実習に望んだらいいですか? そんなの自分で考えろって思うかもしれませんが今看護師になりたい!とか患者さんを自分が援助したい!という気持ちがほぼ無く、だだ辛い記録と看護師からの指導を乗り越えるという作業になっています。もちろん病気が治ったり回復がわかると嬉しいのですが、、。 どんなことが自分の気持ちを上げるのでしょうか、、。 追記 はじめて質問しましたがこんなに真剣に考え返答が返ってくると思っていなかったので本当に嬉しく思っています。 看護師も看護学生も変わらないというのは色々間違っているなと思いました。伝えたかったことは、看護師ではなく学生に援助されたからといって患者さんの回復の遅延や妨げになることは許されないのでは?ということです。 でも皆さんの意見を聞いて、そもそも資格がある人とない人では信頼性も違うし学生のやれる事も本当に限られているなと感じました。しかしそんな未熟な知識の中で実際の現場に出で実際の病気の患者さんを受け持たせていただくことに責任感と感謝の気持ちを持って接していかなければならないのだと気づくことが出来ました。前の実習で学生が入ったとこによって良くなった!というような感じで言われたことが嬉しく感じるのと同時に少し感覚がズレてしまったのかとも思いました。あくまで学生は勉強させてもらう立場なので、謙虚な気持ちで精一杯自分の出来ることをしなければならないなと感じました。本当にみなさん私の質問に答えていただいてありがとうございます。明日からまた実習頑張ろうと思います。
  • 記録
  • 指導
  • 看護学生
  • 実習
  • 勉強
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    ママナース, 外科
    実習大変ですよねー。私も学生だった頃廃人のようになりながらただレポートに追われていた毎日でした。それから17年以上月日が流れた今ですが、実習指導者を育てる立場から実習を受け入れてくださる患者さんにお話を伺う機会があります。その時に思ったこと。ガンの宣告をされ自分だけでなく家族の将来までもが不安になり絶望の中、助かる可能性を信じて明日オペに挑む。オペ後は痛いのか?食事はまた食べられるのか?歩けるようになるのか?そもそも目覚めるのか?なんて考えてたら夜もねれない。そんな中、資格もない学生が自分のベッドサイドで血圧測る?自信なさそうに会話をしてくる? そんな状況でa子さんが患者なら、もしくはa子さんの家族が患者ならあなたは学生を受け入れますか?私は正直、学生を受け入れないです。プロの看護師の看護を受けたいですもの。でも、受け入れてくださる患者さんはみなさんこう言います。私なんかでお役に立てるのなら、と。こんな人たちに資格のない学生ができること、それは一つしかない。学ばさせてもらうこと、勉強させてもらうこと、今まさに命に向きあってる患者さんに失礼のないように自分にできる精一杯で。 どうか、頑張ってみてください。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    保育園・学校, 小児科
    学生のうちは、多くの人がそう思います。 自分も『なんで看護師になろうなんて思ったんだっけ?』って思いながら毎日実習をやり過ごしてました。 『頭おかしいと思うから精神科受診してきて!』と担任に言われたこともあります。 未来の自分をイメージして頑張ろうと思っても、やさぐれてる自分しかイメージ出来なかった時もあります。 病棟でバイトしてる人間ですらきついと言ってたくらいですから『実習楽しいヒャッハーーーー!』なんて思ってる学生がいたら、それこそおかしいと思います。 気分の上げ方は、なんとも難しいと思います。 休みの日にどれだけ楽しかろうと、ブルーマンデー症候群が待ち構えています。 なので、自分はもう単純に看護助手に徹してました。 助手になりきって、助手としてやったことを記録して、助手として気づいたことを尋ねて、言われたことを直して、とひたすら尋ねて行動につなげて乗り切りました。 嫌々やると余計にストレスに感じますし、絶対に乗り越えたら身につくものがあると信じて。 ですから、自分は患者の前では常に笑顔でいられました。学びたいから。 で、勘違いして欲しくないのは、患者にとって、学生と看護師は別です。 学生は治療できません。医療行為も限られます。せいぜい、体調管理とか清潔ケアくらいであって、治療のための根幹部分だけです。 それを学ばせてもらうために、患者に同意書を取って、学生を付けるのです。 そして、それは患者だけでなくその家族も承知しています。 なので、はっきり言ってしまうなら、看護師や医師の時間をもらって、かつ患者の時間や体と命を借りて、『学ばせてもらっている』のですから、教わっている気持ちを持って、それをやる気につなげてほしいです。 援助したい気持ちがないのに援助される患者は、厚意で同意した意味はあるのでしょうか。 表情や溜息が相手に伝わってないとも限りませんよ。 一回、休みの日にでも無心になって、看護師になろうと思ったきっかけと今の状況、そして未来の姿を照らし合わせてみるといいと思います。 そこに、気持ちを上げる答えがあると思います。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    外来, 内科
    上記の方とは少し違う回答になるかなと思いますが…。 自分は中学時代入院し、実際に看護学生に受け持ってもらった経験があります。 中学生でしたが難病の自分が学生の方のお役に立てるならと両親にも伝え、同意しました。 受け持ちしてくださった学生さんが日々自分の為にと考えてくれた事は物凄く伝わりましたし、入院生活の励みみたいなものにもなりました。 そして、…正直学生さん実習ツラいんだろうなってのも同時に伝わっていました。 やはり日々接しているとちょっとした変化に気づくんですよね治療していて辛い時にも。 だからこそ自分が看護学生になり、実習に行くようになった時には例え実習が辛かったとしても実習先に入ったら、制服に着替えたら、絶対に患者様にはその辛さは見せない、実習先の方々にも辛さは見せない、笑顔で実習を乗り切ると挑んでいました。 そうやって実習をしていたら受けもたせていただいた患者様や患者様のご家族から「ありがとう」や「助かったよ」と感謝の言葉をいただくことがありました。 学生には大変もったいない言葉だと思いましたが、その言葉には本当に色々な意味が込められているのかなとも思いました。 なので自分はその言葉を大切にし、自分の実習のモチベーションにしていたように思います。 って…なんだか乱文ですみません。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    外来, 内科
    追記拝読しました。 色々な先輩方の回答本当に勉強になりますよね。 自分も勝手ながら皆さまのを拝読させていただきましたが毎回勉強になるなと思っています。 実習頑張って下さいね。
    ユーザーアイコン
    ナースB
    ママナース, 外科
    追記読ませてもらいました。 本当にこちらにコメントしてくださる先輩方の看護への向き合い方、尊敬します。 a子さん達のように学生さん達から現場の私たちが学ぶことだってたくさんあるんですよー。1対1の看護ができるのは学生の間だけです。受け持ち患者さんに蜜に関わる学生さんはスタッフの一員です。気づいたことや疑問に思ったことはどんどん看護師へ投げかけてくださいねー。それがハッとさせられたりするんですよ、こちらも。a子さんの看護観がたくさん刺激される実習になりますように。ここの先輩方は応援して背中を押してくださってますねー。一緒に頑張りましょうねー。
    ユーザーアイコン
    ナースE
    一般病院, 消化器内科
    患者さんはあなたがくることで退屈であろう日々に彩りが添えられていると思います。話すだけでも気分転換になるものです!わたしは学生さんがくることで患者さんの心の治療を手助けしていると思っています^ ^

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード