看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

NSAIDなど同じ種類の薬剤は6時間あけなきゃいけないとかって...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 消化器外科
NSAIDなど同じ種類の薬剤は6時間あけなきゃいけないとかってどこみたらわかるんですか?
  • 薬剤
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 慢性期
    基本ドクターの指示で動いてます
    ユーザーアイコン
    ナースC
    病棟, 内科
    人によっては8時間空けたり、4時間だったり、一日一回だけという指示もあります😄薬剤によっても違いますね😄
    ユーザーアイコン
    ナースD
    離職中, 循環器科
    薬にはピーク値、トラフ値、半減期が有ります。 基本的に投与間隔は半減期を目安に決められます。どのように効かせたいか、によって間隔がきめられますが、代謝時の負担が強いものや、患者さんの腎機能・肝機能の問題で間隔や量を調節する必要があります。 同じ薬は6時間あけるとかではなくて、上記の理由があって投与間隔が決められるため、「指示あるから」ではなく、何故このような指示なのかを考えると楽しいですよ。 ルーチンで出されるかもしれませんが、ルーチン通りで肝機能・腎機能が落ちたら報告です。 何も考えず投与することは危険です。危険な医師を止めるのは看護師ですよ。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 消化器外科
    質問者
    なるほど、、半減期を目安に投与されてるんですねそゆの知りたかったからありがたかったです! なぜこのような指示なのかってわかるものなんですか?
    ユーザーアイコン
    ナースD
    離職中, 循環器科
    薬には、望ましい効果である「作用」と、望ましくない効果の「副作用」があります。その「副作用」が許容できる範囲で、投与をすることを医師に求められています。 添付文書や、今日の治療薬、などに目安量・投与間隔が書かれています。 NSAIDなどは、使用されている歴史も長く、実使用データも揃っているため、標準の投与間隔で使用される事が多いと思いますが、個々の患者さんの身体の大きさ・代謝機能によって、指示は変えられる必要があるため、本来は個別の指示であるべきですが、ルーチンとなっているのが現状です。 看護師が介入するのは、投与間隔を守り、疼痛間隔・程度のデータをとり、検査データの悪化などを含めて、減量・薬剤の変更、追加、レスキューの使用を相談することだと思います。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    新人ナース, 消化器外科
    質問者
    なるほど…そうゆうことだったんですね。ありがとうございます、自分でも少し勉強してみます!

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード