看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

手術を受ける人の、弾性ストッキングやフットポンプについて。 ...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
大学病院, 循環器科
手術を受ける人の、弾性ストッキングやフットポンプについて。 うちの手術室では、弾性ストッキングやフットポンプは病棟が持ってきます。そのときにわたしは手術室で受けるがわとしてDダイマーを見たり、下肢エコーをみたりしてアセスメントして、フットポンプをつけていいひとなのか情報収集はしておきます。 しかし、フットポンプを持ってくるのは病棟なので医師に、最終的にフットポンプをつけていいひとなのか事前に確認するのは病棟の仕事なはずです。 しかしながら、病棟の看護師はどういうひとが、フットポンプをつけるとダメな可能性があるのか、Dダイマーや下肢エコーなどに無頓着なひとが多い気がします。なにも確認せず、ただただフットポンプを持ってくる。 みなさんの病棟ではオペだしのとき、フットポンプについてどうしてますか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
病棟, 内科
今は内科病棟勤務なので、ずっと前のことになりますが、フットポンプは全身麻酔患者すべてにつけてました😲病棟の看護師はそこまで確認しませんでしたね。私も無頓着でした😖 勉強になりました😄
ユーザーアイコン
ナースC
一般病院, 外科
りりーさんの悩み大変ですね。 私の勤める病院では、オペ室でフットポンプは準備します。 弾ストは、病棟からです。 まず、入院時に病棟は非手術症例か手術症例かで、静脈血栓症のリスクを書類にそって、アセスメントします。 そのとき、リスクが計算されます。 中リスクならば弾ストかフットポンプのみ、高リスクなら両方などです。 あとは、患者さんの血液データや術式を見てオペ看が執刀医に相談しています。 病棟アセスメントが間違っていることも多いので、私は自分でリスクアセスメントできるように内容を覚えて医師に相談しています。
ユーザーアイコン
ナースA
大学病院, 循環器科
質問者
オペ室で準備するならこちらで確認するだけなのでいいですね。うちはフットポンプはME室から病棟が取り寄せて、それを病棟が持ってくるんです。だから向こうが忘れたときはすごく時間がかかるし、一方で全麻だからと、採血も見ずに無条件に持ってきたりもします。業務的になってるんです。
ユーザーアイコン
ナースD
リーダー, オペ室
施設によって方法は色々ありますが、当院は術式やリスクによってフローチャートに沿ってストッキングのみかポンプ着用かを病棟ナースがチェックつけてますね。 なので情報収集時に「これ、ちがくない?」となる時が多々あります。 フローチャート自体もすっごく古いのでの内容見直しを検討している所です。 ところで、弾ストとフットポンプのダブル装着は意味がないという説を最近聞きましたよ。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード