看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

夏休み明けから、領域別実習がはじまるのですが、夏休みの間に勉強...

看護学生・国試
ユーザーアイコン
ナースA
学生
夏休み明けから、領域別実習がはじまるのですが、夏休みの間に勉強しておくと良いことはありますか?? 実習の受け持ちでよくある疾患など教えていただけると嬉しいです。
  • 明け
  • 受け持ち
  • 実習
  • 勉強
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    リーダー, 脳神経外科
    学生が看れるように、簡単な病態でなるべくコミュニケーションがとれる患者を選ぶはずですが、疾患も多様化しているので様々な病気を持ってる方が多いと思います(´:ω:`) 老年で言えば、肺炎や脳卒中、胃がん、大腸がん、大腿骨骨折などが多いかなと思います。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    病棟, 消化器内科
    どの領域かによってよくある疾患は変わるからなんともいえないけど、どうせまた受け持ち患者の勉強するでしょ?だったらそん時でいいと思うけどな。 高血圧、DM、心不全、大腿骨頸部骨折、椎体骨折、MK、LK、大腸癌、胆石、ヘルニア、アッペ、脳梗塞、肺炎、などキリがないよ。
    ユーザーアイコン
    ナースD
    一般病院, 内科
    実習の受け持ちでよくある疾患というのは、領域や診療科によっても異なるのでピンキリだと思います… 実習生だからこの疾患というふうに受け持ちは決めていないと思いますよ… 領域別に実習目標があるので、それを理解し看護過程を展開できそうな患者さんを選んでくれると思うので、疾患については実習が始まって受け持ちがわかってから勉強でもいいと思います。 夏休み中から勉強しておくというのは素晴らしいですね☆ 基本的な解剖生理を復習しておくのはどうですか? どの疾患でもまずは正常を把握しておくことは大切なので、どんな疾患の患者さんが受け持ちになっても無駄にはならないと思いますよ!
    ユーザーアイコン
    ナースE
    病棟, 内科
    よくある疾患っていうのは難しいですよ😅時には珍しい病気の方がいます。😄 解剖生理がベースになっていますので、それさえ押さえておけば基本大丈夫です。 例えば、大腸ガンなら「大腸ガン」という病名で捉えるのではなく「大腸に出来た悪性腫瘍」となるわけです。大腸と一口に言ってもいろいろな部位がありますよね。同じく、「肺炎は肺に炎症が起きている」とみます。 珍しい病気の方でも、どこに何が起きているのか、が分かれば対処出来ますからね😄頑張って下さい😄

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード