看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

訪問看護に興味あります。訪問看護の経験者に聞きたいです。 子供...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
介護施設
訪問看護に興味あります。訪問看護の経験者に聞きたいです。 子供が、いても働けますか? どんな仕事ですか?
  • 訪問看護
  • 子ども
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    今、訪問看護で長してます。 私も子供を育てながら、仕事してますよ。 うちの子供は大きいのでね。結構、ご飯とかも自分で用意出来るし、勝手にしているのでね。オンコールも行きますが。 子供さんが小さいのであれば、オンコールは持たない方向で話した方がいいと思いますよ。また、家族もあるのでね。夜間出れるかとかきちんと働く時に話した方がいいと思います。出来ない事は出来ないと言ってくれた方が、私的には配慮できるかと思いますから。 病院や施設は沢山の人を看護しますが、訪問看護は一対一なので、じっくりと話を聞いて体調管理、服薬管理、保清、リハビリとかしますので、少しでも良くなるとやった感はあります。急に体調が悪化すると先生と話をして点滴などもする事もあります。また、日中でも緊急で訪問することもあります。医師がいない中で、判断するので知識はいりますが、他のスタッフもいるので相談しあいながらしてますよ。薬もあと何日あるとか先生の在宅診療頼んだり、沢山配慮する事がありますが、患者さん、家族から信頼を得れる事も沢山ありますから、私は今のところ、訪問看護師でずっといたいと思っています。救急車を呼んだりね。看取りもしたり大変な日もありますが、家にいたいという患者さんの気持ちに出来る限り寄り添っていますよ。訪問看護ステーションによって違いますが、呼吸器もつけている患者さんに訪問もありますのでね。でも、初めから重度の患者さんに行く事はないと思います。慣れるまでは同行しながらですから。 こんな感じでイメージつきますか?
    ユーザーアイコン
    ナースA
    介護施設
    質問者
    回答ありがとうございます🙇 とても良くわかりました。ありがとうございます。
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    いえいえ。お役にたてたのなら、良かったです。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    介護施設
    質問者
    もう一つ聞いても良いですか? 知識はどの程度あれば良いのでしょう? 今は、特養で29人の相手をしています。病院でも施設でも、自宅に帰りたい。という方が多く、また、祖母の自宅介護を見て看護師目指したので、そのような人の看護がしたいとは思います。ただ…脳外科の経験しかないです。 でも、施設での看とりも経験し、オンコールも経験しています。判断力も多少はついて来てはいるとは思いますが…ほかにどのような勉強をしたら良いのでしょう?
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    こんばんは。そうですね。 心不全などの循環器系は知識に入れといた方がいいでしょうか。また、誤嚥性肺炎。脱水とかは必要かと思います。 例えば、心不全などになると循環動態が悪くなるので、肺に水が溜まったり、下肢から足背にかけて浮腫が来たり、inoutなど観察ポイントを絞りますよね。肺副雑音やヒュー音があるかないか。足背動脈の触知、左右差。不整脈の有無。排尿、排便などなど。 患者さんの病名は色々なのでね。わからない時はすぐにネットで調べて、すぐにスタッフに落とし込みしていますよ。 発熱が何故起こったのかとか考えて判断して先生に 報告、指示仰ぐと言うか、薬の処方もこれを出して欲しいと何となくこっちが先生に指示しているような時もあります。でも、それがヒットして体調が改善するとガッツポーズしていますよ。脱水による高血糖で意識低下などもありますしねー。 緊急の時こそドッシリと構えるようにしてます。あとは訪問しながらで良いかと思いますよ。日々勉強ですから。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    介護施設
    質問者
    ありがとうございます🙇 少し前に、私にはアセスメント力がないのだと感じ、ここのアプリも使いながら日々勉強し考えるようになりました。そして、先日看とりの時も『あと、数時間』ということを感じとれ、家族が見守る中看とりになった時はすごい達成感がありました。同時にそれが、家だったらいいなぁと感じました。家族、本人と寄り添いながら在宅看護がしてみたいです😊 ありがとうございました😊
    ユーザーアイコン
    ナースB
    訪問看護, 精神科
    こんばんは。 看取りも大切ですよね。家族が見守っていく中で、寄り添えた事、そうですね。達成感ありますよねー。 アセスメントは、食べる、飲む、排尿、排便など、ADLがどこまでなのか、観察しながら、本人、家族に聞きながら把握しますが、私は無茶苦茶、備考欄に沢山の情報を書くようにしています。また、生まれてから今までの事も沢山聞かせてもらったり、訪問看護はお金の事も聞いたりします。どれくらいの金額だと使えるのかとかもです。在宅はお家の中に入るし、お金がかかることなのでね。信頼を得ながら、話を聞かせてもらって嫌な事もあると思うので、いつも、最後に色々聞かせていただきありがとうございましたと言ってます。お金がない方もいるので、その時にはどうするのかとかもケアマネと相談しながらなんですよ。だから、それぞれの家で色々ありますから、どこで寄り添っていくか、いつも考えてます。 にゃんにゃんさんがしたいと思う在宅看護ができますように応援してますねー。 返信ありがとうございました。これからもお互いに頑張っていきましょう。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード