看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

輸液ポンプの取り扱いです 輸液ポンプはどういう時に予定量を使い...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 救急科
輸液ポンプの取り扱いです 輸液ポンプはどういう時に予定量を使い、どういう時に積算量に設定するのですか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
大学病院, 内科
まきさんこんばんは! 予定量は点滴のトータル量を設定し、点滴交換のタイミングが分かるようにします。積算量は、文字通りどのくらい積算しているか、分かるようになっているので、現時点で点滴がどのくらい投与できているのか把握するために見ています。
ユーザーアイコン
ナースC
一般病院, 内科
積算量は設定するというより、輸液ポンプで補液を点滴した時の、入れた量になると思います。 例:10時から点滴を20ml/hで入れてると、12時の時点で、積算量を見ると40mlで身体の中に入ったという事だと思います。 輸液ポンプの設定の仕方としては、 医師の指示で「500ml/8時間」と指示があれば予定量は500mlの設定します。 これが、投与する予定の輸液量の事【予定量】です。予定量を設定することで予定量以上の輸液は投与されません。 次に、流量を設定します。 流量とは、輸液を時間あたり投与する量です。医師から、「50ml/時間で」や「500ml/8時間で投与、残量は破棄でお願いします」といった指示があると思います。指示通りに輸液を投与するために設定を行います。 この設定をすることで、指示された輸液量を指示された時間内に一定の量で投与することが出来ます。 もし、まきさんの聞きたいことでなかったらすみません。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード