看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

心不全についての質問です。 心不全の所見として血液検査で脳性ナ...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 急性期
心不全についての質問です。 心不全の所見として血液検査で脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の上昇が見られると記載されていました。 ホルモンの効果調べたところ、集合管でのナトリウムイオンの再吸収を抑制し、ナトリウムイオンの排泄を促進するため血管内の浸透圧が低下し血圧が低下する作用があると分かりました。作用の理解について誤りはないでしょうか? そして、治療薬として心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)製剤を使用すると記載されていましたが、使用することでさらに血管拡張を促進し低血圧症状が悪化することはないのでしょうか? 血管拡張により腎血流量を増加させ尿量を増加させることが目的となるのでしょうか? 詳しく教えて頂けませんか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
リーダー, 外科
全くその通りです。 ハンプ使うと血圧下がるので注意です。 心不全の治療はフォレスター分類のサブセットで治療方針が異なります。調べてみて下さいね💡
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 急性期
質問者
詳しく教えて下さりありがとうございました。もう少し学習を深めていきたいと思います。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード