看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

点滴のルートを確保している人で 点滴の前にへパをつないで逆血の...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, リハビリ科
点滴のルートを確保している人で 点滴の前にへパをつないで逆血の確認をしますが あれは逆血がある方と無い方どっちがいいんでしょうか? 私は血が固まってないのを確認するために、逆血がある方がいいと思っていたのですが 今日先輩と一緒にやっている時に、逆血なくても大丈夫て言われました。 どっちが正しいのでしょうか?
回答
ユーザーアイコン
ナースB
病棟, 呼吸器科
柚さんの言う通り、逆血を確認することで血が固まっていないか、針先がちゃんと血管内に入っているかを証明できるので、もちろん逆血があった方が良いです。 でも、末梢の静脈ですので圧がありませんし、患者さんによっては細くて逆血しない方もいます。 逆血がなければ「押す」(回路にヘパリンなど点滴液を流す)ことで腫脹したり疼痛がなければ血管外に漏れていないので「大丈夫」としています。
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, リハビリ科
質問者
そうなんですか! 確かにへパ流して確認絶対しますよね!理由が分かってすきっりです。 ありがとうございます!

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード