看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

旦那がOT(作業療法士)です。 旦那が大きな顔をしているのが時...

つぶやき
ユーザーアイコン
ナースA
プリセプター, 循環器科
旦那がOT(作業療法士)です。 旦那が大きな顔をしているのが時に不愉快です。 彼らの職種はうちの病院に限ったことなのかもしれませんが、セラピスト間で「先生」と呼びあっています。私には違和感でしかありません。 それを聞いている患者さんもセラピストを「先生」と呼びます。患者さんが「先生に〜」と話す時、医師と思っていたらセラピストだったというオチで話がこんがらがったこともありました。 また、患者さんは看護師よりも「先生(セラピスト)」の言うことをよく聞きます。1日に限られた時間(例Aさん理学療法1時間、作業療法1時間、言語療法1時間のリハスケジュールが多い)しか接さない彼らの言うことが患者さんにとっては看護師の言うことよりも優先事項なのです。患者さんを24時間看ていて、食事から下の世話、薬の投薬、サクション、ルート確保、、しているのは私たち看護師です。納得できません。 そして彼らセラピストは「患者さんを助けている」と言います。言葉の認識の違いでしょうが、彼らが患者さんを助けているとは私は思いません。彼らは何か患者さんに変化が起きた時、リハを中止するのみです。異常の早期発見や診療の補助は看護師の行うことです。急性期病院への救急搬送も彼らは救急車同乗しませんし、それどころか担当患者がどんな薬を飲んでるのかも把握・理解していないセラピストがいます。患者さんの記録を読まないだけでなく担当看護師へ介入前になにも言わないため、夜勤帯で転倒していることや食欲不振で点滴開始になったことなどを把握せず患者さんのもとへ行くセラピストもいます。 そんな旦那に昨日、 「どうしてそんなに残業するんだ?」と言われました。 彼らセラピストのリハ介入時間は9時~17時(日勤は8時30分~17時30分)であり、そのあと記録記入に専念することができます。しかし、私達看護師(うちの病院の看護師)は、夜勤者が少ない場合は夜勤業務を一部手伝うこともありますし、日勤帯が終わってもナースステーションにいる限り、記録記入をしていようと必要であれば急変対応からナースコール対応まで行います。 うちの病院はセラピストが稼ぎ頭だから、と 冬のボーナスを他のコメディカルよりも 多くセラピストに支給しました。 どこのリハビリ病院もこんなふうに セラピストがでかい態度をとっているのですか? この状況に納得できない、不愉快に思う私は 未熟で心が狭いのでしょうか?
  • OT
  • 転倒
  • ボーナス
  • ナースコール
  • ルート
  • 旦那
  • リハ
  • 急変
  • 点滴
  • 記録
  • 急性期
  • 残業
  • 夜勤
  • 病院
  • 回答
    ユーザーアイコン
    ナースA
    プリセプター, 循環器科
    質問者
    コメントありがとうございます。
    ユーザーアイコン
    ナースB
    一般病院, 内科
    私は回復期リハ病棟で働く看護師です。 わらままさんの書いてること、よーくわかりますよ。 回復期あるあるなんだろうな、と思いました。 うちはセラピスト間で先生とは呼びあってはいませんが、患者はセラピストを先生と呼ぶ人はいます。 しかし、私たち看護師はこれ以上彼等が勘違いしないように、あえて「療法士」や「セラピスト」と呼ぶようにしています。 患者がセラピストの言うことをよくきくのは仕方ないのかな?と思います。毎日1時間、自分のためにだけ、自分にだけ向き合ってリハビリをしてもらうって特別なことですよね。 セラピストもセラピストなりに苦労もあるのかな、と思います。 だって、苦手な患者とも人間関係を良好に保ちつつ1時間のリハビリ時間を過ごさなければならないんですよね。 その点、看護師は必要な処置やケアさえ済めば1時間も向き合って過ごさなくてもいいですもんね。 「患者を助けている」発言は、確かに身体機能的には助けているでしょうが、セラピストは機能重視の見方しかしていないです。うちのセラピストの場合ですが。 患者の「生活」を1番みているのは看護師です。 患者はリハビリ時間の間は気を張って頑張るのです。それは訓練だから。 だけど、退院後に待っているのは日常です。 私たち看護師は、その日常、生活をみて考え、退院後患者が困らないように入院中に支援していくことが必要なんだと思います。 ですから、セラピストがデカイ態度をとっても、私たち看護師も負けじと生活についてはきちんとみているのだ、と言うプライドを持ち、情報共有できるようにしていこう、と私たちの職場では言っています。 セラピストはリハビリのある医療しか知りません。 病院はリハビリなんてとてもできない急性期の人だっています。 私たち看護師はそういう、シビアな世界を知っていますが、セラピストが知る世界はリハビリができる状態の人との世界です。 これっていくら説明しても伝わらないと思います。 残業に関してもです。 私たち看護師は業務時間内は常に患者との関わりがあるのが義務スタイルですが、セラピストは その時間だけの関わりですから、オンオフがはっきりしてますよね。 この状況の違いがわかるかどうかは、お互いの想像力の違いだと思います。 向こうが私たち看護師をわかろうとしなければわからないままでしょうし、私たち看護師だって「セラピストはこういう業務スタイルで、こういう世界をみてきたのだろう」ということを想像しなければわかりあえないでしょう。 と、長々わかった風に書いてきましたが、セラピストも話しのわかる人はわかる、わかんないヤツにはどんな歩み寄りをしても無駄、と最近思っています。 うちの病院もリハビリは稼ぎ頭と言われ、待遇が良い時がありました。 それに不満を感じ辞めた看護師もいました。 リハビリは包括病棟以外は基本出来高なので、経営者はそんな考えになるのでしょうね。 わらままさんは、旦那さんがOTだから必要以上にリハビリの待遇も見えてしまうし、看護師の立場をセラピストに…と言うか旦那さんに理解して欲しいのではないですか? わらままさんの立場を考えると、不愉快に思うのは仕方ないことだと思いますよ。 長々すいません。ついつい、気持ちに共感できたもので…。
    ユーザーアイコン
    ナースA
    プリセプター, 循環器科
    質問者
    コメントありがとうございます。 「セラピストはリハビリのある医療しか知りません」という部分がまさにそうだな。と思いました。 実際、あなたのアセスメントどうなってるの?というセラピストがいて怒鳴ることもあります。 例えば、EF20%で労作時呼吸苦ありSpO2が70%まで低下する患者さんをモニタリングせず自室ではなく廊下を歩かせ、なぜ歩かせるのかを聞いたら「廃用予防です」と言われた時など。 歩くだけが廃用予防なのか?この患者さんの心機能をわかっているのか?なぜこの人にBaを入れているのかわからないのか?と。 Hb7の患者さんをシルバーカー歩行から独歩にADL上げていいですかと聞かれた時もナースステーションで怒鳴りつけました。 うちのセラピストの質が低すぎるのでしょうが、「なんでこんな集団が評価されてて私達看護師が見下されてるのか?」「なぜこんな低脳がでかい顔して働いているのか?」といらだってしょうがありません。 平和ボケもいい加減にして欲しいです。 人は死ぬということをわかってほしいです。 看護師としてのプライドを持っていれば持っているほど、やるせない、納得がいかない気持ちになります。 いずさんの言う通り、わかる人にはわかるけどわからない人にはわからない、その一言に尽きるなとコメントを読み納得しました。 セラピストは嫌な患者さんであっても1時間向き合わなければならない、逆をいえば1時間向き合えば他の23時間は相手をしなくていいと思ってしまい、上記のような無責任なセラピストが下した誤った判断のせいで生活をみる看護師が(転倒や急変などの対応)負担を強いられる現状にも怒りがこみあげてきます。 少しでも共感していただけて、少し嬉しかったです。 ありがとうございました。
    ユーザーアイコン
    ナースC
    訪問看護, 総合診療科
    先生という呼び名は、便宜上なだけですよ。 気にしない。気にしない。 自分の仕事に自信を持って! 色んな専門職で現場は成り立ってます。みんな違ってみんないい(≧∇≦)b 頑張りましょう! 旦那(夫)は家族なんだから、家庭で教育しましょ。 (๑´ლ`๑)フフ♡
    ユーザーアイコン
    ナースA
    プリセプター, 循環器科
    質問者
    コメントありがとうございます。 旦那教育、気長に頑張ります。

    質問をシェアして友達に教えてみよう!

    今すぐ無料ダウンロード!

    AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード