看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

オペ室の新人です。 腰椎麻酔をしたときに血圧低下やSpO2低下...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 消化器内科
オペ室の新人です。 腰椎麻酔をしたときに血圧低下やSpO2低下が出現したときの対処法で悩んでいます。先輩ナースは枕を低くする、サチュレーションの指を変えてみる、それでもダメなら酸素開始を先生に確認と行っていました。血圧低下時は点滴の滴下を早くする、それでもダメなら先生にエフェドリン投与を確認という感じでした。 もしこれ以外にも方法があるならば教えて欲しいです。お願いします!
回答
ユーザーアイコン
ナースB
一般病院, 外科
きーちゃんさん、こんにちは。 5年オペ看してます。 血圧低下したときは再度血圧を測り、それでも低下している場合、輸液全開にします。spo2が下がったときは酸素投与も行います。 エフェドリン投与もマルです! あとは麻酔レベルがどこまでかをチェックする必要があります。麻酔閾が上昇した場合、薬にもよりますがベッドを傾けて頭をあげたり、さげたりして調整をします。 患者さんの声掛けも忘れないでくださいね。
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 消化器内科
質問者
麻酔域までは思いつかなかったです。参考になりました!ありがとうございます‪!😆
ユーザーアイコン
ナースC
プリセプター, 外科
ルンバールでは徐脈も起こることが多いのでその場合の対応も考えておくといいと思います! デルマトームをしっかり頭に叩き込んでおくとすぐレベルの確認もできていいとおもいます!
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 消化器内科
質問者
お返事ありがとうございます😊 徐脈も多いんですか。わかりました!麻酔域はデルマトームを利用すればいいのですね!😆ありがとうございます!
ユーザーアイコン
ナースD
介護施設
オペ室勤務の経験はないのですが… 私自身、ルンバール(帝王切開)3回経験していて、オペ看の声掛けで安心感を得られました。滴下調整や薬剤投与は大事ですが、身動きの取れない患者は不安だらけなので、その不安も取り除いてあげられるような声かけをして頂ければと思います。
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 消化器内科
質問者
お返事ありがとうございます! そうですね…!不安への看護も大事ですものね。ありがとうございます😊

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード