看護師だけの相談アプリ
アプリを無料でダウンロード!
アプリで開く
記事・質問を検索する

輸血に関しての質問です。 昨日hb6.0で輸血目的に患者が入院...

看護・お仕事
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 内科
輸血に関しての質問です。 昨日hb6.0で輸血目的に患者が入院してきました。 照射赤血球2単位/2時間で投与の指示がでました。 私は輸血部から製剤を取り寄せ、すぐ患者に繋げました。しかし、先輩から緊急時以外は室温にもどしてから投与してと言われました。 冷たいままだと身体がびっくりするからだそうですが、びっくりするとはどう言うことでしょうか? その予防で2時間で投与するのではないでしょうか? 製剤の温度があがると細菌繁殖、溶血が起こるという知識だけあったので、どうも納得できないです。 分かる方いましたら、教えていただきたいです。
回答
ユーザーアイコン
ナースB
訪問看護, その他の科
大量急速輸血の場合、低温過ぎると不整脈、心拍出量低下を招き、心不全を引き起こす可能性があります。先輩はそれのことを言ってるでしょうか。 しかし仰るように無駄にエビデンス無しで加温しても、細菌繁殖、溶血が起こる原因になります。
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 内科
質問者
いえ、2単位2時間での指示のもと投与しているので、1分にせいぜい3~5ml程度しか入りません。2~6度の製剤をこの速度で投与しても多少の血管収縮は起こせても、心不全には到底辿り着かないと思うのです。 「室温に戻してから投与」この根拠が分かりません。
ユーザーアイコン
ナースB
訪問看護, その他の科
むん?そうですよ。だから先輩が間違えているという話なのですが。
ユーザーアイコン
ナースC
一般病院, 内科
血液内科での勤務経験があります。 私が血液内科で勤務していた際、RCC行けの指示があれば、基本的には製剤を取り寄せ、病棟へ持ち帰ってから15分ほど常温で置き、それから投与開始していました。 (しかし、まだ冷えていても必ず30分以内には投与開始していました) 冷たいまま投与すると、体温や血圧低下の可能性 などの理由かな?と思っていました。 また、冷えたまま投与すると血管痛を訴えられる方もおられました。 こうやって考えると、意外とエビデンスを考えずにやっていたことも多かったのだと反省です。 もう一度調べ直してみたところ、今はもう「室温に戻す」「加温する」という事は、緊急事態やイレギュラーの場合を除き、しないみたいですね。 日本赤十字社の血液製剤マニュアルを見ると、詳しくわかりそうですよ。 現在、日本では、血液事業を担うのは、日本赤十字社のみですので。 再度学習するきっかけをくださりありがとうございます!
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 内科
質問者
回答ありがとうございます。 なるほど、考えの幅が広がりました。 血管痛と言われれば納得いきます。 感覚的には冷えた缶ジュースをずっと当てられたら痛くなりそうですもん笑 次また輸血の謎が出てきたら日赤に相談することにします(📞^o^)
ユーザーアイコン
ナースC
一般病院, 内科
ベストアンサーに! 恐れおいです ありがとうございます! 私がまだまだ看護師として経験が浅かったころに、先輩方に教えて頂きました。 また病棟の特性上、輸血は日常茶飯事でしたし、患者さんから色々と教わりました。 少しでもお役に立ててよかったです!
ユーザーアイコン
ナースD
一般病院, 内科
私も、常温に戻してから 行ってました。 身体の中の温度に近づけるため…と ききました。
ユーザーアイコン
ナースA
新人ナース, 内科
質問者
回答ありがとうございます。 ほとんどの先輩は患者さんの身体への影響を根拠としていますが、それによって製剤を効果的に使えてないのでは?と疑問に思ったのです。 やっぱりどこも同じように教わるのですね😌
ユーザーアイコン
ナースE
大学病院, 救急科
室温に戻すのは習っていません。冷蔵庫から出して、製剤確認をして投与しています。 毒新人ナースさんが正しいです。エビデンスを含めて先輩に教えてあげてください。

質問をシェアして友達に教えてみよう!

今すぐ無料ダウンロード!

AppStoreでカンゴトークをダウンロードGoogle Playでカンゴトークをダウンロード